CentOS 5
Sponsored Link

ディスクレスクライアント
2010/06/18
 
ハードディスクを搭載していないクライアントマシンから、PXEサーバーに置いたOSイメージを読み込んでシステムを起動します。 クライアントとなるマシンはPXE対応のNICを搭載している必要があります。 また、一部設定がGUIになるのでX環境導入済みが前提です。
クライアントマシンへ読み込ませるシステム用には、すでに稼動しているシステム内の全ファイルをPXEサーバーへコピーして配置する必要があります。 PXEサーバーのものでもいいのですが、ここではインストール直後の必要なパッケージのみを入れたクリーンな状態のものを使いたいため、 別途仮想マシンへ一旦OSをクリーンインストールし、そこから雛形をコピーすることにします。 ただし、一点、コピーする元のシステムには「busybox-anaconda」をインストールしておく必要があります。
[1] 雛形とするシステムに「busybox-anaconda」をインストールします。
[root@vm ~]#
yum -y install busybox-anaconda
[2] PXEサーバー上で、雛形システムの全ファイルをコピーします。
[root@dlp ~]#
mkdir -p /tftpboot/centos5/root
# IPアドレスの部分は雛形システムのIPアドレスを指定

[root@dlp ~]#
rsync -a -v --exclude='/proc/*' --exclude='/sys/*' 10.0.0.100:/ /tftpboot/centos5/root

root@10.0.0.100's password:    
# 雛形システムのrootパスワード
sent 1089891 bytes received 1409072768 bytes 10181679.85 bytes/sec
total size is 1405586122 speedup is 1.00
[3] 先ほどコピーしたクライアント配信用のファイルをネットワークで共有できるようNFSサーバーを起動しておきます。
[root@dlp ~]#
vi /etc/exports
# 雛形システムを配置した場所と、後ほど必要になる snapshot を共有設定する

/tftpboot/centos5/root 10.0.0.0/24(rw,sync,no_root_squash)
/tftpboot/centos5/snapshot 10.0.0.0/24(rw,sync,no_root_squash)
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/portmap start

Starting portmap:     [  OK  ]
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/nfslock start

Starting NFS statd:     [  OK  ]
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/nfs start

Starting NFS services:     [  OK  ]
Starting NFS quotas:     [  OK  ]
Starting NFS daemon:     [  OK  ]
Starting NFS mountd:     [  OK  ]
Starting RPC idmapd:     [  OK  ]
[4] Xを起動し、ターミナルで「system-config-netboot」とコマンド入力します。
[root@dlp ~]#
system-config-netboot
  以下の画面が起動します。「Diskless」をクリックして次へ
  次へ進みます
  名前欄には任意の名前を、説明欄には任意の説明を入力します。
  PXEサーバーのIPアドレスと、クライアント配信用のファイルを置いたディレクトリを指定します。
  次へ進みます
  「Apply」をクリックします。
  以下の画面になるので左上の「New」ボタンをクリックします。
  ここでは以下のように、一番上の欄にサブネットを指定し、スナップショットの名前に任意のものを入力して次へ進んでみます。
  以上でGUIの設定は終了です。以下のウィンドゥは閉じてOKです。
[5] 「system-config-netboot」で生成されたファイルを「default」にコピーしておきます。
[root@dlp ~]#
cp /tftpboot/linux-install/pxelinux.cfg/FFFFFF00 /tftpboot/linux-install/pxelinux.cfg/default
[6] クライアント側のマシンでBIOSの設定を変更し、起動順序をネットワーク最優先にしてマシンを起動します。 すると以下のようにPXEサーバーからの読み込みが始まります。
[7] ディスクレスのクライアントでPXEサーバーからシステムを読み込み、正常に起動しました。
関連コンテンツ
 
Tweet