yum : パッケージのインストールやアップデート等を行う
[構文] yum オプション コマンド パッケージ
コマンド
install パッケージのインストール
ex : # yum install package
[package] をインストール
reinstall インストール済みパッケージの再インストール
ex : # yum reinstall package
[package] を再インストール
update パッケージのアップデート
ex : # yum update package
[package] をアップデート
ex : # yum update
インストール済みパッケージを全てアップデート
downgrade パッケージのダウングレード
ex : # yum downgrade package
[package] をダウングレード
remove パッケージのアンインストール
ex : # yum remove package
[package] をアンインストール
list パッケージのリストを表示
ex : # yum list package
[package] のリストを表示
deplist パッケージの依存関係を表示
ex : # yum deplist package
[package] と依存関係にあるパッケージを表示
groups グループ単位でパッケージのインストールや情報を表示
ex : # yum groups install "Package Group"
[Package Group] をインストール
ex : # yum groups list
グループのリストを全て表示
check-update アップデート可能パッケージを表示
ex : # yum check-update package
[package] についてアップデート可能パッケージを表示
ex : # yum check-update
アップデート可能パッケージを全て表示
search キーワードからパッケージを検索 (部分一致)
ex : # yum search keyword
パッケージ名 or パッケージ概要に [keyword] が含まれるパッケージを表示
info パッケージの概要情報を表示
ex : # yum info package
[package] の概要情報を表示
provides 引数に指定したファイルがどのパッケージに含まれるか表示
ex : # yum provides libgcc_s.so.1
[libgcc_s.so.1] がどのパッケージに含まれるか表示
history アップデート等のパッケージの処理履歴を表示
ex : # yum history
処理履歴を表示
repolist 設定済みのリポジトリ一覧を表示
ex : # yum repolist
設定済みの利用可能なリポジトリ一覧を表示
shell 対話処理モードに入る
ex : # yum shell
[yum] を除いたサブコマンドから操作可能

オプション
-y 全ての問いに対して [yes] とする
ex : # yum -y install package
[package] インストール中の問いに対して、全て [yes] で進める
--enablerepo=repo 指定したリポジトリを一時的に有効にする
ex : # yum --enablerepo=repo install package
[repo] リポジトリを有効にして [package] をインストール
--disablerepo=repo 指定したリポジトリを一時的に無効にする
ex : # yum --disablerepo=repo install package
一時的に [repo] リポジトリを無効にして [package] をインストール
--showduplicates 利用可能なバージョンを全て表示
ex : # yum list package --showduplicates
[package] について利用可能なバージョンを全て表示
--downloadonly パッケージのダウンロードのみを実行
ex : # yum install package --downloadonly
[package] のダウンロードのみを実行 : ダウンロード先は [/var/cache/yum] 配下
--downloaddir=DIR パッケージのダウンロード先を指定
ex : # yum install package --downloadonly --downloaddir=/download
[package] のダウンロードのみを実行し [/download] 配下に保存
--installroot=[path] インストールルートを指定する
ex : # yum --installroot=/chroot install package
[/chroot] ディレクトリをインストールルートとして [package] をインストール
--exclude=package 特定のパッケージを除外する
ex : # yum --exclude=package upgrade
システムをアップグレードする ただし [package] は除外する
--releasever=RELEASEVER 設定ファイル中の $releasever 値を一時的に変更する
ex : # yum ---releasever=8.2 install package
[8.2] リリースの中から [package] をインストール