Ubuntu 22.04
Sponsored Link

Zabbix 6.0 : Zabbix Proxy の設定
2022/08/12
 
Zabbix Proxy をインストールして設定します。
Zabbix Proxy の導入により、Zabbix サーバーの負荷軽減や、Zabbix サーバーと Zabbix エージェントが直接通信できない環境において、Zabbix Proxy が収集データをプロキシすることができます。
当例では以下のような構成を例に Zabbix Proxy をインストールします。
* dlp.srv.world    [Zabbix Server (10.0.0.30)]
* prox.srv.world   [Zabbix Proxy  (10.0.0.34, 192.168.0.34)]
* node02.srv.world [Zabbix Agent  (192.168.0.52)]

[1]
[2] Zabbix Proxy をインストールします。
root@prox:~#
wget https://repo.zabbix.com/zabbix/6.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_6.0-3+ubuntu22.04_all.deb

root@prox:~#
dpkg -i zabbix-release_6.0-3+ubuntu22.04_all.deb

Selecting previously unselected package zabbix-release.
(Reading database ... 75317 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack zabbix-release_6.0-3+ubuntu22.04_all.deb ...
Unpacking zabbix-release (1:6.0-3+ubuntu22.04) ...
Setting up zabbix-release (1:6.0-3+ubuntu22.04) ...

root@prox:~#
apt update

root@prox:~#
apt -y install zabbix-proxy-mysql zabbix-sql-scripts

[3] データベースの設定をしておきます。
root@prox:~#
mysql

Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 37
Server version: 10.6.7-MariaDB-2ubuntu1.1 Ubuntu 22.04

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database zabbix_proxy character set utf8mb4 collate utf8mb4_bin; 
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

# [password] は任意のパスワードに置き換え
MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix_proxy.* to zabbix@'localhost' identified by 'password'; 
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> flush privileges; 
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> exit
Bye

root@prox:~#
cat /usr/share/doc/zabbix-sql-scripts/mysql/proxy.sql | mysql -uzabbix -p zabbix_proxy

Enter password:  
# 上で設定した [zabbix] ユーザーのパスワード
[4] Zabbix Proxy を設定して起動します。
root@prox:~#
vi /etc/zabbix/zabbix_proxy.conf
# 14行目 : プロキシモードを追記
# 0 = active mode, 1 = passive mode
ProxyMode=1

# 32行目 : Zabbix サーバーを指定
Server=10.0.0.30

# 42行目 : Zabbix Proxy のホスト名を指定
Hostname=prox.srv.world

# 158行目 : DB ホストを追記
DBHost=localhost

# 171行目 : DB 名を指定
DBName=zabbix_proxy

# 186行目 : DB ユーザーを指定
DBUser=zabbix

# 195行目 : DB ユーザーのパスワードを追記
DBPassword=password

root@prox:~#
systemctl start zabbix-proxy

root@prox:~#
systemctl enable zabbix-proxy
[5]
Zabbix Agent ノードの設定はこちらを参考に設定します
ただし、Zabbix サーバーを指定する箇所は Zabbix Proxy を指定します。
[6] Zabbix の管理サイトにログインし、左ペインで [Administration] - [Proxies] をクリックし、右ペインで、右上の [Create Proxy] ボタンをクリックします。
[7] Zabbix Proxy の情報を入力して [Add] ボタンをクリックします。
[8] 正常に登録されると以下の画面になります。
[9] Zabbix Agent ノードの追加をします。通常と異なる箇所は、[Monitored by proxy] の項目で、先に登録した Zabbix Proxy を選択します。
[10] Zabbix Agent ノードを追加して一定時間経過後、追加した対象ホストのデータが表示されれば OK です。
関連コンテンツ