Ubuntu 22.04
Sponsored Link

InfluxDB : HTTPS を有効にする
2022/10/27
 
InfluxDB サーバー と InfluxDB クライアント間で HTTPS 接続を有効化します。
(デフォルトは HTTP 接続)
[1]
事前に SSL/TLS 証明書を取得 または 自己署名の証明書を作成しておきます。
当例では自己署名の証明書で進めます。
[2] HTTPS を有効化します
root@dlp:~#
cp /etc/ssl/private/{server.crt,server.key} /etc/influxdb/

root@dlp:~#
chown influxdb:influxdb /etc/influxdb/{server.crt,server.key}

root@dlp:~#
vi /etc/influxdb/influxdb.conf
# 257行目 : コメント解除して変更
https-enabled = true

# 260行目 : コメント解除して自身の証明書に変更
https-certificate = "/etc/influxdb/server.crt"

# 263行目 : コメント解除して自身の証明書に変更
https-private-key = "/etc/influxdb/server.key"

root@dlp:~#
systemctl restart influxdb
[3] クライアントからの接続は以下のように実行します。
# CLI では [ssl] オプションを付加して接続する
# 正規の証明書の場合は証明書に登録したホスト名を指定して接続

root@dlp:~#
influx -host dlp.srv.world -ssl

Connected to https://dlp.srv.world:8086 version 1.6.7~rc0
InfluxDB shell version: 1.6.7~rc0
> exit

# 自己署名の証明書の場合は [-unsafeSsl] オプションを付加

root@dlp:~#
influx -ssl -unsafeSsl

Connected to https://localhost:8086 version 1.6.7~rc0
InfluxDB shell version: 1.6.7~rc0
> exit

# HTTP API

root@dlp:~#
curl -G https://dlp.srv.world:8086/query?pretty=true -u admin:adminpassword --data-urlencode "q=show users"

{
    "results": [
        {
            "statement_id": 0,
            "series": [
.....
.....

# HTTP API (自己署名)

root@dlp:~#
curl -k -G https://localhost:8086/query?pretty=true -u admin:adminpassword --data-urlencode "q=show users"

{
    "results": [
        {
            "statement_id": 0,
            "series": [
.....
.....
関連コンテンツ