Ubuntu 11.04
Sponsored Link

スレーブサーバーとしての設定
2011/04/30
  スレーブサーバーとしての設定を行います。設定は簡単で、スレーブサーバー側に設定を記述するだけです。

以下ではマスターサーバーを「172.16.0.82」, 別ネットワークにいるスレーブサーバーを「slave.example.host」とした 場合の設定です。

[1] マスターサーバ側にゾーン転送許可の設定を記述します。
root@dlp:~#
vi /etc/bind/named.conf.options


options {
directory "/etc/bind";


// If there is a firewall between you and nameservers you want

// to talk to, you may need to fix the firewall to allow multiple

// ports to talk. See http://www.kb.cert.org/vuls/id/800113


// If your ISP provided one or more IP addresses for stable

// nameservers, you probably want to use them as forwarders.

// Uncomment the following block, and insert the addresses replacing

// the all-0's placeholder.


// forwarders {

//       0.0.0.0;

// };


# ゾーン情報の転送を許可する範囲を追記

allow-transfer { localhost; 10.0.0.0/24;
172.16.0.80/29;
};


auth-nxdomain no; # conform to RFC1035

# listen-on-v6 { any; };

};

root@dlp:~#
rndc reload

server reload successful
[2] スレーブサーバ側の設定です。
root@slave:~#
vi /etc/bind/named.conf.external-zones


# 外部向けの定義の中に設定を追記

zone "srv.world" {

type slave;

masters { 172.16.0.82; };

file "slaves/srv.world.wan";

};


root@slave:~#
mkdir /etc/bind/slaves

root@slave:~#
chown bind. /etc/bind/slaves

root@slave:~#
rndc reload

server reload successful
root@slave:~#
ls /etc/bind/slaves

srv.world.wan    
# ゾーンファイルが転送されている
関連コンテンツ
 
Tweet