Ubuntu 10.04
Sponsored Link

スレーブサーバーとしての設定
2010/07/19
  スレーブサーバーとしての設定を行います。設定は簡単で、スレーブサーバー側に設定を記述するだけです。

以下ではマスターサーバーを「172.16.0.82」, 別ネットワークにいるスレーブサーバーを「slave.example.host」とした 場合の設定です。

[1] スレーブサーバ側に設定を記述します。
root@slave:~#
vi /etc/bind/named.conf.external-zones


# 外部向けの定義の中に設定を追記

zone "srv.world" {

type slave;

masters { 172.16.0.82; };

file "slaves/srv.world.wan";

};


root@slave:~#
mkdir /etc/bind/slaves

root@slave:~#
chown bind. /etc/bind/slaves

root@slave:~#
rndc reload

server reload successful
root@slave:~#
ls /etc/bind/slaves

srv.world.wan    
# ゾーンファイルが転送されている
[2] 上記の設定でスレーブサーバへゾーンファイルがうまく転送されない場合は、AppArmor が原因になっている可能性が高いです。 以下のようにして AppArmor のポリシーを変更してください。
root@slave:~#
vi /etc/apparmor.d/usr.sbin.named


# /etc/bind should be read-only for bind
# /var/lib/bind is for dynamically updated zone (and journal) files.
# /var/cache/bind is for slave/stub data, since we're not the origin of it.
# See /usr/share/doc/bind9/README.Debian.gz
# 20行目あたりに追記

/etc/bind/** r,
/etc/bind/slaves/** rw,

/var/lib/bind/** rw,
/var/lib/bind/ rw,
/var/cache/bind/** rw,
/var/cache/bind/ rw,
root@slave:~#
/etc/init.d/apparmor restart

  * Reloading AppArmor profiles     [ OK ]
関連コンテンツ
 
Tweet