Scientific Linux 6
Sponsored Link

ZABBIX - 監視対象追加#1
2011/05/22
 
当然のことながら他ホストも監視対象とすることができます。 監視対象ホストに ZABBIX Agent をインストールし、設定を施すことで可能となります。
[1] 追加したい監視対象ホストに Agentをインストールします。 ここでは例として Scientific Linux 6 で稼動しているホストを監視対象に追加してみます。
[root@node01 ~]#
yum --enablerepo=epel -y install zabbix-agent
 
# EPELからインストール
[root@node01 ~]#
vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
# 81行目:ZABBIXサーバーのIPアドレスに変更

Server=
10.0.0.10
# 91行目:自身のホスト名に変更

Hostname=
node01.srv.world
[root@node01 ~]#
/etc/rc.d/init.d/zabbix-agent start

Starting ZABBIX agent:
[ OK ]

[root@node01 ~]#
chkconfig zabbix-agent on
[2] ZABBIXの管理サイトにログインし、「Configuration」-「Hosts」を開き、「Create Host」をクリックします。
[3] 名前には適当なものを、DNS名にはDNS名を、IPアドレスには監視対象のIPアドレスを入力します。 接続方法はここでは「IPアドレス」にしました。さらに、画面右にスクロールしてください。
[4] 「Linked templates」の「Add」ボタンをクリックします。
[5] 以下のような画面が開くので右上の「Group」で「all」を選択し、一覧から「Template_Linux」にチェックを入れて、 下にある「Select」ボタンをクリックします。
[6] 追加した template にチェックを入れ、下の「Save」ボタンをクリックして終了します。
[7] 「Group」を「all」にすると追加したホストが表示され、監視対象として追加されていることが分かります。
関連コンテンツ
 
Tweet