Scientific Linux 6
Sponsored Link

Pound - インストール/設定
2011/05/15
 
Pound をインストールして複数のサーバーにロードバランシングできるようにします。
例として、ここでは以下のような環境で構築してみます。
(1) www.srv.world       [10.0.0.50]   Poundサーバー
(2) www01.srv.world   [10.0.0.51]   Webサーバー#1 (「www.srv.world」へのリスエストを受け付ける )
(3) www02.srv.world   [10.0.0.52]   Webサーバー#2 (「www.srv.world」へのリスエストを受け付ける )
(4) www03.srv.world   [10.0.0.53]   Webサーバー#3 (「www.virtual.host」へのリスエストを受け付ける )
(5) www04.srv.world   [10.0.0.54]   Webサーバー#4 ( 上記以外のリスエストを受け付ける )
[1] Pound のインストールと設定
[root@www ~]#
yum --enablerepo=epel -y install Pound
 
# EPELからインストール
[root@www ~]#
vi /etc/pound.cfg
# 13行目:追記 ( ログレベル - 5が最大 )

LogLevel 3
# 14行目:追記 ( ハートビートを送る間隔 - 秒 )

Alive 30
# 21-25行目:コメントにしておく

#
ListenHTTPS
#
  Address 0.0.0.0
#
  Port 443
#
  Cert "/etc/pki/tls/certs/pound.pem"
#
End
Service
# 「www.srv.world」へのリスエストを受け付ける

HeadRequire "Host: .*www.srv.world"

BackEnd

# バックエンドサーバー#1のIPアドレス

Address
10.0.0.51

# バックエンドサーバーの待ち受けポート

Port
80

End
BackEnd

# バックエンドサーバー#2のIPアドレス

Address
10.0.0.52

# バックエンドサーバーの待ち受けポート

Port
80

End

End
Service
# 「www.virtual.host」へのリスエストを受け付ける

HeadRequire "Host: .*www.virtual.host"

BackEnd

# バックエンドサーバー#3のIPアドレス

Address 10.0.0.53

# バックエンドサーバーの待ち受けポート

Port 80

End

End
Service
# 上記以外のその他のリスエストを受け付ける

HeadRequire "Host: .*"

BackEnd

# バックエンドサーバー#4のIPアドレス

Address 10.0.0.54

# バックエンドサーバーの待ち受けポート

Port 80

End

End
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/pound start

Starting Pound: starting...
[ OK ]
[root@www ~]#
chkconfig pound on
[2] Webブラウザから Poundサーバー ( www.srv.world ) にアクセスしてみます。 設定通り「www01.srv.world」が応答しています。
[3] 「www01.srv.world」を手動で落としてみると、設定通り「www02.srv.world」が応答するようになりました。
[4] 「www.virtual.host」にアクセスすると、設定通り「www03.srv.world」が応答します。
[5] 以下のようにIPアドレス直指定等で、 設定した「www.srv.world」,「www.virtual.host」以外にアクセスすると、 設定通り「www04.srv.world」が応答します。
関連コンテンツ