Scientific Linux 6
Sponsored Link

phpLDAPadmin#1
2011/04/24
 
phpLDAPadminをインストールしてWebブラウザ経由でLDAPサーバーの管理ができるようにします。 httpd、およびPHPインストール済みが前提です。
[1] phpLDAPadminインストール
[root@master ~]#
yum --enablerepo=epel -y install phpldapadmin
 
# EPELからインストール
[root@master ~]#
vi /etc/phpldapadmin/config.php
# 397行目:コメント解除, 398行目:コメント化

$servers->setValue('login','attr','dn');
//
$servers->setValue('login','attr','uid');
[root@master ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/phpldapadmin.conf
Alias /phpldapadmin /usr/share/phpldapadmin/htdocs
Alias /ldapadmin /usr/share/phpldapadmin/htdocs
<Directory /usr/share/phpldapadmin/htdocs>
  Order Deny,Allow
  Deny from all
  Allow from 127.0.0.1
10.0.0.0/24
 
# アクセス許可IP追記

  Allow from ::1
</Directory>
[root@master ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:
[  OK  ]

Starting httpd:
[  OK  ]

[2] 「http://(ホスト名またはIPアドレス)/ldapadmin」にアクセスするとログイン画面になるので、 左の「ログイン」をクリックします。
[3] 以下のようにLDAP管理者ユーザーで認証します。
[4] ログインできました。ここからWeb GUIでLDAPサーバーの管理ができます。
関連コンテンツ
 
Tweet