SLES 11 SP4
Sponsored Link

NFSクライアントの設定
2015/12/02
 
ここでは以下のような環境を例に NFSクライアントの設定をます。
+----------------------+          |          +----------------------+
| [    NFS Server    ] |10.0.0.30 | 10.0.0.31| [    NFS Client    ] |
|    dlp.srv.world     +----------+----------+     www.srv.world    |
|                      |                     |                      |
+----------------------+                     +----------------------+

[1] NFSクライアントの設定です。
www:~ #
zypper -n install nfs-client
www:~ #
vi /etc/idmapd.conf
# 5行目:自ドメイン名に変更

Domain =
srv.world
www:~ #
mount -t nfs dlp.srv.world:/home /home

www:~ #
df -hT

Filesystem             Type   Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/vda2              ext3    28G  3.3G   24G  13% /
udev                   tmpfs  1.9G  100K  1.9G   1% /dev
tmpfs                  tmpfs  1.9G  648K  1.9G   1% /dev/shm
dlp.srv.world:/home nfs     28G  3.3G   24G  13% /home
# NFSサーバーのホームディレクトリがマウントされている
[2] システム起動時に NFSマウントするよう設定しておきます。
www:~ #
vi /etc/fstab
# 最終行に追記:マウントするホームディレクトリをNFSサーバーのものに変更

dlp.srv.world:/home /home                     nfs     defaults 0 0
[3] マウントポイントへのアクセス時に動的に NFSマウントする場合は以下のように設定します。例として /mntdir に動的マウントするよう設定します。
www:~ #
zypper -n install autofs
www:~ #
vi /etc/auto.master
# 最終行に追記

/-    /etc/auto.mount

www:~ #
vi /etc/auto.mount
# 新規作成 : [マウントポイント] [オプション] [ロケーション]

/mntdir -fstype=nfs,rw  dlp.srv.world:/home

www:~ #
mkdir /mntdir

www:~ #
/etc/init.d/autofs start

www:~ #
chkconfig autofs on

# マウントポイントへ移動して確認

www:~ #
cd /mntdir

www:/mntdir #
total 4
drwxr-xr-x 5 suse users 4096 Nov 27 12:02 suse

www:/mntdir #
cat /proc/mounts | grep mntdir

/etc/auto.mount /mntdir autofs rw,relatime,fd=6,pgrp=3263,timeout=600,minproto=5,maxproto=5,direct 0 0
dlp.srv.world:/home /mntdir nfs rw,relatime,vers=3,rsize=524288,wsize=524288,namlen=255,hard,
proto=tcp,timeo=600,retrans=2,sec=sys,mountaddr=10.0.0.30,mountvers=3,mountport=60305,mountproto=udp,
local_lock=none,addr=10.0.0.30 0 0
関連コンテンツ
 
Tweet