Fedora 33
Sponsored Link

NFS : クライアントの設定
2020/11/03
 
NFS クライアントから NFS 共有をマウントします。
当例では以下のような環境を前提に NFS クライアントの設定をします。
+----------------------+          |          +----------------------+
| [    NFS Server    ] |10.0.0.30 | 10.0.0.51| [    NFS Client    ] |
|    dlp.srv.world     +----------+----------+   node01.srv.world   |
|                      |                     |                      |
+----------------------+                     +----------------------+

[1] NFS クライアントの設定です。
[root@node01 ~]#
dnf -y install nfs-utils
[root@node01 ~]#
vi /etc/idmapd.conf
# 5行目:コメント解除して自ドメイン名に変更

Domain =
srv.world
[root@node01 ~]#
mount -t nfs dlp.srv.world:/home/nfsshare /mnt

[root@node01 ~]#
df -hT

Filesystem                     Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs                       devtmpfs  1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs                          tmpfs     2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm
tmpfs                          tmpfs     786M  984K  785M   1% /run
/dev/mapper/fedora_fedora-root xfs        15G  2.1G   13G  14% /
tmpfs                          tmpfs     2.0G  4.0K  2.0G   1% /tmp
/dev/vda1                      xfs      1014M  248M  767M  25% /boot
tmpfs                          tmpfs     393M     0  393M   0% /run/user/0
dlp.srv.world:/home/nfsshare   nfs4       15G  2.1G   13G  14% /mnt
# NFS 共有がマウントされた

# NFSv3 でマウントしたい場合は [-o vers=3] オプション付加

[root@node01 ~]#
mount -t nfs -o vers=3 dlp.srv.world:/home/nfsshare /mnt

[root@node01 ~]#
df -hT /mnt

Filesystem                   Type  Size  Used Avail Use% Mounted on
dlp.srv.world:/home/nfsshare nfs    15G  2.1G   13G  14% /mnt
[2] システム起動時に自動的に NFS 共有をマウントするには、以下のように設定します。
[root@node01 ~]#
vi /etc/fstab
/dev/mapper/fedora_fedora-root            /            xfs     defaults        0 0
UUID=94594d8d-5b98-4925-8b8b-b063fdc71a81 /boot        xfs     defaults        0 0
# 最終行に追記 : NFS 共有のマウント設定
dlp.srv.world:/home/nfsshare              /mnt         nfs     defaults        0 0
[3] システム起動時にではなく、マウントポイントへのアクセス時に、動的に NFS 共有をマウントする場合は以下のように設定します。
[root@node01 ~]#
dnf -y install autofs
[root@node01 ~]#
vi /etc/auto.master
# 最終行に追記

/-    /etc/auto.mount

[root@node01 ~]#
vi /etc/auto.mount
# 新規作成 : [マウントポイント] [オプション] [ロケーション]

/mnt   -fstype=nfs,rw  dlp.srv.world:/home/nfsshare

[root@node01 ~]#
systemctl enable --now autofs

# マウントポイントへ移動して確認

[root@node01 ~]#
cd /mnt

[root@node01 mnt]#
total 8
-rw-r--r--. 1 root root 5 Nov 1 19:14 testfile.txt
-rw-r--r--. 1 root root 5 Nov 1 19:12 test.txt

[root@node01 mnt]#
cat /proc/mounts | grep mnt

/etc/auto.mount /mnt autofs rw,relatime,fd=18,pgrp=1175,timeout=300,minproto=5,maxproto=5,direct,pipe_ino=42907 0 0
dlp.srv.world:/home/nfsshare /mnt nfs4 rw,relatime,vers=4.2,rsize=524288,wsize=524288,namlen=255,hard,proto=tcp,timeo=600,retrans=2,sec=sys,clientaddr=10.0.0.51,local_lock=none,addr=10.0.0.30 0 0
関連コンテンツ