Fedora 20
Sponsored Link

iSCSIイニシエータの設定
2013/12/26
 
iSCSIイニシエータの設定です。ここの例で前提としている環境は以下の通りです。
    dlp.srv.world     [10.0.0.30] - iSCSIターゲット
    www.srv.world     [10.0.0.31] - iSCSIイニシエータ
[1] iSCSIイニシエータの設定
[root@www ~]#
yum -y install iscsi-initiator-utils
[root@www ~]#
vi /etc/iscsi/iscsid.conf
# 53行目:コメント解除

node.session.auth.authmethod = CHAP
# 57,58行目:コメント解除してiSCSIターゲットで設定したユーザー名とパスワードを設定

node.session.auth.username =
username

node.session.auth.password =
password
[root@www ~]#
systemctl start iscsid.service

[root@www ~]#
systemctl enable iscsid.service
# ターゲットを discovery する

[root@www ~]#
iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 10.0.0.30

10.0.0.30:3260,1 iqn.2013-12.world.srv:target00

# discovery した後の状態確認

[root@www ~]#
iscsiadm -m node -o show

# BEGIN RECORD 6.2.0.873-1
node.name = iqn.2013-07.world.srv:target00
node.tpgt = 1
node.startup = automatic
node.leading_login = No
iface.hwaddress = <empty>
iface.ipaddress = <empty>
iface.iscsi_ifacename = default
iface.net_ifacename = <empty>
iface.transport_name = tcp
...
...
# END RECORD

# discovery したターゲットにログインする

[root@www ~]#
iscsiadm -m node --login

Logging in to [iface: default, target: iqn.2013-12.world.srv:target00, portal: 10.0.0.30,3260] (multiple)
[  158.722047] scsi2 : iSCSI Initiator over TCP/IP
[  159.736626] scsi 2:0:0:0: RAID              IET      Controller       0001 PQ: 0 ANSI: 5
[  159.739700] scsi 2:0:0:0: Attached scsi generic sg0 type 12
Login to [iface: default, target: iqn.2013-12.world.srv:target00, portal: 10.0.0.30,3260] successful.

# 確立しているセッションを確認

[root@www ~]#
iscsiadm -m session -o show

tcp: [1] 10.0.0.30:3260,1 iqn.2013-12.world.srv:target00
# パーティションを確認してみる

[root@www ~]#
cat /proc/partitions

major minor  #blocks  name

 252        0   31457280 vda
 252        1     512000 vda1
 252        2   30944256 vda2
 253        0    2113536 dm-0
 253        1   28827648 dm-1
   8        0    3145728 sda
# ターゲット提供のデバイスが「sda」として新たに認識されている
[2]
以上でiSCSIイニシエータの設定は終了です。 後はマウントしたデバイスをネットワークストレージをローカルストレージのように扱うことができます。

関連コンテンツ