Fedora 13
Sponsored Link

NISクライアントとしての設定
2010/05/30
  クライアント側の設定です。以下の例は前もって NISサーバー側の /home を NFS で共有しています。
[root@www ~]#
yum -y install ypbind rpcbind


[root@www ~]#
vi /etc/sysconfig/network


NETWORKING=yes
HOSTNAME=www.srv.world
# 最終行へ追記

NISDOMAIN=srv.world


[root@www ~]#
vi /etc/sysconfig/authconfig


USENIS=
yes
# 19行目:変更


[root@www ~]#
vi /etc/yp.conf


# 最終行へ追記

domain srv.world server dlp.srv.world


[root@www ~]#
vi /etc/nsswitch.conf


passwd:
files
nis
# 33行目:追記

shadow:
files
nis
# 追記

group:
files
nis
# 追記


[root@www ~]#
chkconfig rpcbind on

[root@www ~]#
chkconfig ypbind on

[root@www ~]#
shutdown -r now


www.srv.world login:
fedora
# ローカルにいないNIS上のユーザー

Password:
# パスワード入力

Last login: Sun May 30 03:42:33 on ttyS0
[fedora@www ~]$
# ログインできた

[fedora@www ~]$
dlp.srv.world
[fedora@www ~]$
ypcat passwd

fedora:x:500:500::/home/fedora:/bin/bash
nfsnobody:x:4294967294:4294967294:Anonymous NFS User:/var/lib/nfs:/sbin/nologin
関連コンテンツ
 
Tweet