Debian 9 Stretch
Sponsored Link

Squid + SquidClamav
2017/06/26
 
Clamavはインストール済みとして、 Squid と Clamav を連携させてWebブラウジング時のダウンロードファイルをリアルタイムスキャンできるようにします。 追加で SquidClamav というソフトをインストールします。
[1] Clamd をインストールしておきます。
root@prox:~#
apt -y install clamav-daemon
[2] SquidClamav は下記サイトで最新のものを確認してダウンロードしてください。
⇒ http://sourceforge.net/projects/squidclamav/files/squidclamav/
# 必要なものを入れておく

root@prox:~#
apt -y install gcc make curl libcurl4-gnutls-dev c-icap libicapapi-dev
root@prox:~#
wget --trust-server-names https://sourceforge.net/projects/squidclamav/files/squidclamav/6.16/squidclamav-6.16.tar.gz/download

root@prox:~#
tar zxvf squidclamav-6.16.tar.gz

root@prox:~#
cd squidclamav-6.16

root@prox:~/squidclamav-6.16#
./configure --with-c-icap

root@prox:~/squidclamav-6.16#
root@prox:~/squidclamav-6.16#
make install

root@prox:~/squidclamav-6.16#
root@prox:~#
ln -s /etc/c-icap/squidclamav.conf /etc/squidclamav.conf

root@prox:~#
vi /etc/squidclamav.conf
# 18行目:変更( リダイレクト先URL(あらかじめ適当なものを作っておく) )

redirect
http://www.srv.world/error.html
[3] c-icap と Squid の設定を変更します。
root@prox:~#
vi /etc/default/c-icap
# 6行目:変更

START=
yes
root@prox:~#
vi /etc/c-icap/c-icap.conf
# 163行目:管理者アドレス変更

ServerAdmin
root@srv.world
# 172行目:サーバー名変更

ServerName
prox.srv.world
# 570行目:追記

Service squidclamav squidclamav.so
root@prox:~#
vi /etc/squid/squid.conf
# 6912行目:追記

icap_enable on
# 7033行目:追記

adaptation_send_client_ip on
# 7043行目:追記

adaptation_send_username on
# 7048行目:追記

icap_client_username_header X-Authenticated-User
# 7144行目:以下追記

icap_service service_req reqmod_precache bypass=1 icap://127.0.0.1:1344/squidclamav
adaptation_access service_req allow all
icap_service service_resp respmod_precache bypass=1 icap://127.0.0.1:1344/squidclamav
adaptation_access service_resp allow all
root@prox:~#
systemctl restart clamav-daemon c-icap squid
[4] 以上で設定完了です。
動作確認として、クライアントPC から Web ブラウザで以下のテストウィルスが置いてあるページにアクセスして、
http://eicar.org/85-0-Download.html
「eicar.com」をクリックし、テストウィルスのダウンロードを試みて、設定したリダイレクト先 URL にリダイレクトされることを確認してください。
関連コンテンツ
 
Tweet