Debian 7.0
Sponsored Link

NFSクライアントの設定
2013/05/07
 
NFSサーバーの共有ディレクトリをマウントできるようにNFSクライアントの設定をします。
[1] NFSクライアントの設定
root@client:~#
aptitude -y install nfs-common
root@client:~#
vi /etc/idmapd.conf
# 6行目:コメント解除しドメイン名変更

Domain =
srv.world
root@client:~#
/etc/init.d/nfs-common restart

Stopping NFS common utilities: idmapd statd.
Starting NFS common utilities: statd idmapd.
root@client:~#
mount -t nfs nas01.srv.world:/home /home

root@client:~#
df -h

Filesystem                Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs                     19G  745M   17G   5% /
udev                       10M     0   10M   0% /dev
tmpfs                     202M  196K  202M   1% /run
/dev/mapper/www-root       19G  745M   17G   5% /
tmpfs                     5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs                     403M     0  403M   0% /run/shm
/dev/vda1                 228M   18M  199M   9% /boot
nas01.srv.world:/home   19G  917M   17G   6% /home
# NFSサーバーのホームディレクトリがマウントされている
root@client:~#
vi /etc/fstab
# 最終行に追記:マウントするホームディレクトリをNFSサーバーのものに変更

nas01.srv.world:/home   /home  nfs     defaults        0       0
関連コンテンツ