aptitude - パッケージのインストールやアップデート等を行う
[構文] aptitude オプション コマンド パッケージ
(コマンド指定がない場合はインタラクティブモードで起動)
コマンド
install パッケージのインストール・更新
# aptitude install package
remove パッケージの削除
# aptitude remove package
purge パッケージと設定ファイルを削除
# aptitude purge package
search 名前や正規表現でパッケージを検索
show パッケージについての詳細な情報を表示
changelog パッケージの変更履歴を表示
update 新規および更新可能なパッケージの一覧をダウンロード
safe-upgrade 安全な更新を行う
full-upgrade パッケージのインストールや削除を伴う可能性のある更新を行う
download パッケージ用の .deb ファイルをダウンロード
reinstall 現在インストールされているパッケージをダウンロードし (場合によっては) 再インストールする
clean ダウンロード済みのパッケージファイルを消去
forget-new どのパッケージが「新規」かの情報を消去
hold パッケージを固定
unhold パッケージの固定を解除
markauto 自動的にインストールされたという印をパッケージにつける
unmarkauto 手動でインストールされたという印をパッケージにつける
forbid-version 特定のパッケージバージョンの更新を禁止させる
why 指定されたパッケージについて、手動でインストールされたパッケージのうちどれが必要としているのか、 あるいはまだインストールされていないパッケージがインストールされたときに何故必要となるのか、といった説明を表示
why-not 指定されたパッケージについて、手動でインストールされたパッケージのうちどれと競合しているのか、 あるいはまだインストールされていないパッケージがインストールされたときに何故競合するのか、といった説明を表示

オプション
-y 全ての問いに対してyesとする
# aptitude -y install package
-s アクションのシミュレートのみ行い、実際には実行しない
-d パッケージのダウンロードのみ行い、インストールや削除は行わない
-v 付加的な情報を表示
-q コマンドラインモードで進行状況を逐一表示しない
-h ヘルプを表示
-V パッケージのどのバージョンがインストールされるかを表示
-P 確認やアクションのために常にプロンプトを出す
-f 依存関係が壊れたパッケージを積極的に修復しようとする
-D 自動的に変更されたパッケージの依存関係を表示
-Z 各パッケージのインストールサイズの変更を表示
-u 起動時に新しいパッケージ一覧をダウンロード
-i 起動時にインストールを行う