Debian 6.0
Sponsored Link

クライアントの設定
2011/03/09
[1] クライアント側の設定です。
root@www:~#
aptitude -y install libnss-ldap libpam-ldap ldap-utils


(1) LDAPサーバーのURIを指定


(2) 識別名を指定


(3) LDAPバージョンを指定


(4) root用LDAPアカウントの識別名を指定


(5) root用LDAPアカウントのパスワードを指定


(6) OKで次へ


(7) どちらでもよいですが、ここは「Yes」で進めます


(8) どちらでもよいですが、ここは「No」で進めます


(9) LDAP管理者アカウントを指定


(10) LDAP管理者アカウントのパスワードを指定


root@www:~#
vi /etc/nsswitch.conf


# 7行目:追記

passwd:     compat
ldap

group:     compat
ldap

shadow:     compat
ldap


# 19行目:変更

netgroup:    
ldap


root@www:~#
vi /etc/pam.d/common-password


# 26行目:変更 ( use_authtok を削除する )

password     [success=1 user_unknown=ignore default=die]     pam_ldap.so try_first_pass

root@www:~#
vi /etc/pam.d/common-session


# 必要があれば、最終行に追記 ( ログイン時にホームディレクトリを自動作成 )

session optional pam_mkhomedir.so skel=/etc/skel umask=077


root@www:~#
shutdown -r now


www login:
debian
   
# LDAP登録ユーザー

Password:
Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Creating directory '/home/debian'.
debian@www:~$    
# ログインできた

debian@www:~$    
# LDAPパスワード変更

Enter login(LDAP) password:    
# 現在のパスワード入力

New password:    
# 新しいパスワード入力

Re-enter new password:    
# 確認再入力

LDAP password information changed for debian
passwd: password updated successfully    
# 変更された

関連コンテンツ
 
Tweet