Debian 5.0
Sponsored Link

NISクライアントとしての設定
2009/04/05
  NISサーバーができたら、次はクライアント側の設定をしてやります。 NISサーバー上のユーザー情報をネットワーク間で共有できるようにします。 以下では 'www' という名前のホストを例に設定をしています。

[1] サーバー側と同じ 'nis' パッケージを指定してインストールします。
www:~#
aptitude -y install nis


Preconfiguring packages ...

# インストール中、NISドメインの設定画面が出るのでドメイン名を入力


[2] NISクライアントとしての設定をします。
www:~#
vi /etc/yp.conf


#
# yp.conf
Configuration file for the ypbind process. You can define

#
NIS servers manually here if they can't be found by

#
broadcasting on the local net (which is the default).

#
#
See the manual page of ypbind for the syntax of this file.

#
# IMPORTANT:
For the "ypserver", use IP addresses, or make sure that

#
the host is in /etc/hosts. This file is only interpreted

#
once, and if DNS isn't reachable yet the ypserver cannot

#
be resolved and ypbind won't ever bind to the server.


# ypserver ypserver.network.com
# 最終行へ追記

domain srv.world server dlp.srv.world


www:~#
vi /etc/nsswitch.conf


passwd:
nis
compat
# 7行目:追記

group:
nis
compat
# 追記

shadow:
nis
compat
# 追記


www:~#

www login:
test
# NISに登録したユーザー名

Password:
Last login: Sun Jun 24 23:26:00 2007 on tty1
test@www:~$
# ログインできた

test@www:~$
192.168.0.17
test@www:~$
ypcat passwd

test:x:1002:1002:test,test,,:/home/test:/bin/bash
test@www:~$
Changing NIS account information for cent on dlp.srv.world.
Please enter old password:
Changing NIS password for cent on dlps.srv.world.
Please enter new password:
Please retype new password:

The NIS password has been changed on dlp.srv.world.
関連コンテンツ
 
Tweet