CentOS Stream 9
Sponsored Link

Elastic Stack 8 : Kibana インストール
2022/12/09
 
Elasticsearch のデータ可視化ツール Kibana をインストールします。
[1]
事前に SSL/TLS 証明書を取得 または 自己署名の証明書を作成しておきます。
当例では自己署名の証明書で進めます。
[2] Kibana をインストールして起動します。 事前に Elasticsearch リポジトリ設定済みであることが前提です。
[root@dlp ~]#
dnf -y install kibana
[root@dlp ~]#
cp /etc/pki/tls/certs/{server.crt,server.key} /etc/kibana/

[root@dlp ~]#
chown kibana /etc/kibana/{server.crt,server.key}
# Kibana 用のトークン発行

[root@dlp ~]#
/usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-create-enrollment-token -s kibana

eyJ2ZXIiOiI4LjUuMyIsImFkciI6WyIxMC4wLjAuMzA6OTIwMCJdLCJmZ3IiOiJlYzMxMWEwNjU5MmJjZWVlNzM5MzdiMzUzZTk1MGVhZDk2MTZmOGM3OGJjMDkxYzNkYjIzZDc5ZmIwZDlmMzI5Iiwia2V5IjoiSGlIYTlZUUJTYjVmUlNQbTJpZm06aENRcFNsWWtSTzItZkwtdkw3SkxCdyJ9

# Kibana セットアップ
[root@dlp ~]# /usr/share/kibana/bin/kibana-setup --enrollment-token \
eyJ2ZXIiOiI4LjUuMyIsImFkciI6WyIxMC4wLjAuMzA6OTIwMCJdLCJmZ3IiOiJlYzMxMWEwNjU5MmJjZWVlNzM5MzdiMzUzZTk1MGVhZDk2MTZmOGM3OGJjMDkxYzNkYjIzZDc5ZmIwZDlmMzI5Iiwia2V5IjoiSGlIYTlZUUJTYjVmUlNQbTJpZm06aENRcFNsWWtSTzItZkwtdkw3SkxCdyJ9 
Kibana configured successfully.

To start Kibana run:
  bin/kibana

[root@dlp ~]#
vi /etc/kibana/kibana.yml
# 11行目 : 他ホストからも Kibana にアクセスする場合はコメント解除して変更 (全てリスンする)

server.host: "
0.0.0.0
"
# 26行目 : コメント解除して Kibana サーバーの URL を指定

server.publicBaseUrl: "
https://dlp.srv.world:5601/
"
# 32行目 : コメント解除して変更 (自身のホスト名を指定)

server.name: "
dlp.srv.world
"
# 37-39行目 : コメント解除して自身の証明書に変更

server.ssl.enabled:
true

server.ssl.certificate:
/etc/kibana/server.crt

server.ssl.key:
/etc/kibana/server.key
[root@dlp ~]#
systemctl enable --now kibana
[3] Firewalld を有効にしている場合は、サービスポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=5601/tcp

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --runtime-to-permanent

success
[4] 任意のクライアントコンピューターで Webブラウザーを起動し、[https://(server's Hostname or IP address):5601/] にアクセスすると、Kibana のログイン画面が表示されます。[elastic] ユーザーとパスワードでログイン可能です。 ログイン後、Kibana のダッシュボードが表示されれば OK です。
関連コンテンツ