CentOS 8
Sponsored Link

BIND : セカンダリーサーバーの設定
2019/10/03
 
DNS セカンダリーサーバー (スレーブサーバー) を設定します。
例として、こちらの例で設定した DNS マスターサーバー [dlp.srv.world] (172.16.0.82) に対して、 別ネットワークに存在する DNS セカンダリーサーバー [ns.server.education] (192.168.100.85) を設定します。
[1] DNS マスターサーバー上の設定です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/named.conf
.....
.....
options {
        listen-on port 53 { any; };
        listen-on-v6 { any; };
        directory       "/var/named";
        dump-file       "/var/named/data/cache_dump.db";
        statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt";
        memstatistics-file "/var/named/data/named_mem_stats.txt";
        secroots-file   "/var/named/data/named.secroots";
        recursing-file  "/var/named/data/named.recursing";
        allow-query     { localhost; internal-network; };
        # ゾーン情報の転送を許可するセカンダリーサーバーを追記
        allow-transfer  { localhost; 192.168.100.85; };
.....
.....

[root@dlp ~]#
vi /var/named/srv.world.wan
$TTL 86400
@   IN  SOA     dlp.srv.world. root.srv.world. (
        # ゾーンファイルを更新する場合はシリアル番号も更新
        2019100303  ;Serial
        3600        ;Refresh
        1800        ;Retry
        604800      ;Expire
        86400       ;Minimum TTL
)
        IN  NS      dlp.srv.world.
        # セカンダリーサーバーを追記
        IN  NS      ns.server.education.
        IN  A       172.16.0.82
        IN  MX 10   dlp.srv.world.

dlp     IN  A       172.16.0.82
www     IN  A       172.16.0.83

[root@dlp ~]#
systemctl restart named

[2] セカンダリーサーバー上で、対象のゾーン情報を定義します。
[root@ns ~]#
vi /etc/named.conf
# 対象のゾーン情報を追記

# IP アドレスの部分はマスターサーバーの IP アドレス

zone "srv.world" IN {
        type slave;
        masters { 172.16.0.82; };
        file "slaves/srv.world.wan";
        notify no;
};

[root@ns ~]#
systemctl restart named
[root@ns ~]#
ls /var/named/slaves

srv.world.wan  
# ゾーンファイルが転送されている
関連コンテンツ