CentOS 7
Sponsored Link

Elastic Stack 6 : Logstash インストール
2018/02/12
 
ログの収集や管理機能を提供する Logstash をインストールします。
Logstash の概要や設定ファイルの記述方法等の詳細は Logstash 公式サイトを参照ください。
⇒ https://www.elastic.co/guide/en/logstash/current/index.html
[1] Logstash をインストールします。 事前に Elasticsearch リポジトリ設定済みであることが前提です。
[root@dlp ~]#
yum -y install logstash
[2] ログの収集/保管の設定をして Logstash を起動します。
例として、[/var/log/secure] から sshd への失敗アクセスを取り込むよう設定します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/logstash/conf.d/sshd.conf
# 新規作成

# [/var/log/secure] からsshdの失敗アクセスを抽出してelasticsearchのindex [sshd_fail-yyyy.mm]に書き出す

input {
  file {
    type => "seucure_log"
    path => "/var/log/secure"
  }
}
filter {
  grok {
    add_tag => [ "sshd_fail" ]
    match => { "message" => "Failed %{WORD:sshd_auth_type} for %{USERNAME:sshd_invalid_user} from %{IP:sshd_client_ip} port %{NUMBER:sshd_port} %{GREEDYDATA:sshd_protocol}" }
  }
}

output {
  elasticsearch {
    index => "sshd_fail-%{+YYYY.MM}"
  }
}

[root@dlp ~]#
chgrp logstash /var/log/secure

[root@dlp ~]#
chmod 640 /var/log/secure

[root@dlp ~]#
systemctl start logstash

[root@dlp ~]#
systemctl enable logstash
[3] 数分経過後、データが取り込まれているか確認しておきます。
# index 一覧

[root@dlp ~]#
curl localhost:9200/_cat/indices?v

health status index             uuid          pri rep docs.count docs.deleted store.size pri.store.size
yellow open   sshd_fail-2018.02 8becNsB_...   5   1         29            0    193.6kb        193.6kb
yellow open   test_index        ZtKextHO...   5   1          1            0        6kb            6kb

# indexのドキュメント一覧

[root@dlp ~]#
curl localhost:9200/sshd_fail-2018.02/_search?pretty

{
  "took" : 41,
  "timed_out" : false,
  "_shards" : {
    "total" : 5,
    "successful" : 5,
    "skipped" : 0,
    "failed" : 0
  },
  "hits" : {
    "total" : 29,
    "max_score" : 1.0,
    "hits" : [
      {
        "_index" : "sshd_fail-2018.02",
        "_type" : "doc",
.....
.....
[4] Kibana を稼働させている場合は、 Kibana に Index を登録すると、以下のようにデータが取り込まれ、好みの形でグラフ化することもできます。
 
Tweet