CentOS 6
Sponsored Link

OpenStack Grizzly - Computeノードを追加する
2013/08/19
 
Computeノードを追加してみます。いわゆる計算ノードです。 Computeノードを追加することにより、より多くのインスタンスを扱うことができます。
以下の例では、計算ノード用に、物理的に別マシンを準備して設定してみます。
[1]
まずは、Computeノードに必要な KVMハイパーバイザを、こちらを参考にインストールしておいてください。 リンク先 [2] のブリッジの設定は必要ありません。
[2] Nova-Compute, Nova-Network インストール
# EPEL OpenStack, EPELからインストール

[root@node01 ~]#
yum --enablerepo=epel-openstack-grizzly,epel -y install openstack-nova-compute openstack-nova-network
[3] Nova 設定
[root@node01 ~]#
vi /etc/nova/nova.conf
# 14行目:制御ノードのIPアドレスとMySQLのnovaユーザーのパスワードを指定

sql_connection = mysql://nova:
password
@
10.0.0.30
/nova
# 19行目から:以下のように追記/変更

# 以下7行は制御ノードと同じ設定でOK

auth_strategy = keystone
libvirt_type = kvm
volume_api_class = nova.volume.cinder.API
enabled_apis = ec2,osapi_compute,metadata
public_interface = eth0
flat_interface = lo
flat_network_bridge = br100
vnc_enabled = True
# 自身のホスト名またはIPアドレスを指定

vncserver_listen = 10.0.0.31
# 自身のホスト名またはIPアドレスを指定

vncserver_proxyclient_address = 10.0.0.31
# 制御ノードのIPアドレスを指定

novncproxy_base_url = http://10.0.0.30:6080/vnc_auto.html
novncproxy_port = 6080
# Glance のIPアドレスを指定 (ここの例では制御ノード)

glance_api_servers = 10.0.0.30:9292
# Qpid のIPアドレスを指定 (ここの例では制御ノード)

qpid_hostname = 10.0.0.30
qpid_port = 5672
# Memcached のIPアドレスを指定 (ここの例では制御ノード)

memcached_servers = 10.0.0.30:11211
[keystone_authtoken]
admin_tenant_name =
service

admin_user =
nova

admin_password =
servicepassword

# 制御ノードのIPアドレスを指定

auth_host =
10.0.0.30

auth_port = 35357
auth_protocol = http
signing_dir = /tmp/keystone-signing-nova
[root@node01 ~]#
for service in compute network; do
/etc/rc.d/init.d/openstack-nova-$service start
chkconfig openstack-nova-$service on
done

Starting openstack-nova-compute:                           [  OK  ]
Starting openstack-nova-network:                           [  OK  ]
[4] サービスが正しく起動しているか確認してください。以下のように計算ノード分が追加されていればOKです。 あとは、制御ノードのスケジューラが設定に従って、適切な計算ノード上でインスタンスを起動してくれます。
[root@node01 ~]#
nova-manage service list

Binary           Host                                 Zone             Status     State Updated_At
nova-conductor   dlp.srv.world                     internal         enabled    :-)   2013-08-19 16:32:50
nova-scheduler   dlp.srv.world                     internal         enabled    :-)   2013-08-19 16:32:50
nova-consoleauth dlp.srv.world                     internal         enabled    :-)   2013-08-19 16:32:50
nova-network     dlp.srv.world                     internal         enabled    :-)   2013-08-19 16:32:53
nova-compute     dlp.srv.world                     nova             enabled    :-)   2013-08-19 16:32:52
nova-cert        dlp.srv.world                     internal         enabled    :-)   2013-08-19 16:32:50
nova-network     node01.srv.world                  internal         enabled    :-)   2013-08-19 16:32:40
nova-compute     node01.srv.world                  nova             enabled    :-)   2013-08-19 16:32:47
関連コンテンツ
 
Tweet