CentOS 6
Sponsored Link

Chrony : NTPサーバーの設定
2016/07/28
 
Chrony をインストールして、時刻同期のための NTP サーバーを構築します。
[1] Chrony のインストールと設定です。
[root@dlp ~]#
yum -y install chrony
[root@dlp ~]#
vi /etc/chrony.conf
# 3行目: 同期をとるサーバーを変更

#
server 0.rhel.pool.ntp.org iburst
#
server 1.rhel.pool.ntp.org iburst
#
server 2.rhel.pool.ntp.org iburst
#
server 3.rhel.pool.ntp.org iburst
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp iburst
# 25行目: 時刻同期を許可するネットワークを追記

allow 10.0.0.0/24
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/chronyd start

Starting ntpd: [ OK ]
[root@dlp ~]#
chkconfig chronyd on

[2] Iptables を有効にしている場合は NTP ポートの許可が必要です。なお、NTP は 123/UDP を使用します。
「-I INPUT 5」の箇所は自身の環境を確認して、適切な値に置き換えてください。
[root@dlp ~]#
iptables -I INPUT 5 -p udp -m state --state NEW -m udp --dport 123 -j ACCEPT

[3] 動作確認をしておきます。以下のように結果が返ってくれば OK です。
[root@dlp ~]#
chronyc sources

210 Number of sources = 3
MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^+ ntp1.jst.mfeed.ad.jp          2   6    37    48  +2180us[+2180us] +/-   80ms
^* ntp2.jst.mfeed.ad.jp          2   6    37    49  +3346us[+2944us] +/-   75ms
^- ntp3.jst.mfeed.ad.jp          2   6    37    48  +3914us[+3914us] +/-  155ms
 
Tweet