CentOS 6
Sponsored Link

Nagios : 監視対象項目を追加する
2015/02/23
 
デフォルトの監視対象項目以外にも、様々な項目を監視対象として追加できます。 チェックプログラムを自身で作成して追加することも可能ですが、プラグインとしてパッケージで提供されているものも多数あるため、 主要な項目は容易に監視対象として追加可能です。さらに、以下のサイトではパッケージで提供されていないプラグインも多数提供されています。
⇒ http://exchange.nagios.org/
[1] プラグインはパッケージでも多数提供されています。
# EPELを利用

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel search nagios-plugins-

nagios-plugins-all.x86_64 : Nagios Plugins - All plugins
nagios-plugins-apt.x86_64 : Nagios Plugin - check_apt
nagios-plugins-bdii.x86_64 : Nagios Plugin - check_bdii_entries
nagios-plugins-bonding.x86_64 : Nagios plugin to monitor Linux bonding interfaces
nagios-plugins-breeze.x86_64 : Nagios Plugin - check_breeze
...
...
nagios-plugins-ups.x86_64 : Nagios Plugin - check_ups
nagios-plugins-users.x86_64 : Nagios Plugin - check_users
nagios-plugins-wave.x86_64 : Nagios Plugin - check_wave
[2] 例として check_ntp を追加して NTPサーバーとの時間のずれを監視項目として追加します。
[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install nagios-plugins-ntp
[root@dlp ~]#
vi /etc/nagios/objects/commands.cfg
# 最終行に追記

define command{
        command_name    check_ntp_time
        command_line    $USER1$/check_ntp_time -H $ARG1$ -w $ARG2$ -c $ARG3$
        }

[root@dlp ~]#
vi /etc/nagios/objects/localhost.cfg
# 最終行に追記 ( NTPサーバーとの時間が1秒差で Warning, 2秒差で Critical )

define service{
        use                             local-service
        host_name                       localhost
        service_description             NTP_TIME
        check_command                   check_ntp_time!ntp1.jst.mfeed.ad.jp!1!2
        notifications_enabled           1
        }

[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/nagios reload

Running configuration check...done.
Reloading nagios configuration...done
[3] 追加設定した監視項目は Nagios 管理サイトにログインすると確認できます。
 
Tweet