CentOS 6
Sponsored Link

Nagios : 通知メールの設定
2015/02/23
 
通知メールの設定です。
必要なアプリケーションがすでにインストール済みの場合は、デフォルトで通知メールの設定も有効になっていますが、変更する場合は以下のように設定します。
[1]
[2] 通知メールの宛先を設定しておきます。また Nagios は mail コマンドで通知メールを送信するため、コマンドもインストールしておきます。 以上で、デフォルトで通知メールの送信が有効になっているロードアベレージ等に異常があった場合は通知メールが送信されるようになります。
[root@dlp ~]#
yum -y install mailx
[root@dlp ~]#
vi /etc/nagios/objects/contacts.cfg
# 35行目:通知メールを受け取るアドレス

email
root@localhost
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/nagios restart

Running configuration check...done.
Stopping nagios: done.
Starting nagios: done.
[3] Nagios の管理サイトにログインすると、通知メールの設定が確認・変更可能です。
管理サイトにログインし、「Services」をクリックすると、監視対象サービスの一覧が表示されます。 ここで各サービス名の横にアイコンが表示されているものが (以下では HTTP と SSH が該当)、通知メールが有効になっていないサービスになります。 ここで、通知メールが無効状態のサービスを有効にするには、サービス名をクリックします。例として SSH の通知メールを有効にします。

     

[4] 「Enable notifications for this service」をクリックします。

 

[5] 以下の画面になるので「Commit」ボタンをクリックします。

 

[6] 設定完了です。
[7] 通知メールが有効状態でサービスに異常が発生すると、以下のようなメールが設定したメールアドレスへ送信されます。
Subject: ** PROBLEM Service Alert: localhost/SSH is CRITICAL **
User-Agent: Heirloom mailx 12.4 7/29/08
Content-Type: text/plain; charset=us-ascii
From: nagios@dlp.srv.world

***** Nagios *****

Notification Type: PROBLEM

Service: SSH
Host: localhost
Address: 127.0.0.1
State: CRITICAL

Date/Time: Wed Feb 25 03:29:48 JST 2015

Additional Info:

Connection refused
 
Tweet