CentOS 6
Sponsored Link

Monitorix : インストール
2015/02/22
 
シンプル軽量な Monitorix をインストールしてシステムの状態を監視できるようにします。
[1] Monitorix をインストールします。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install monitorix
[2] Monitorix の設定です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/monitorix/monitorix.conf
# 6行目:好みのタイトルに変更

title =
Monitorix
# 7行目:自ホスト名に変更

hostname =
dlp.srv.world
# 8行目:管理サイトの背景色

theme_color =
white
# 12行目:ネットワークの単位を bps にする (デフォルトは Bytes per/sec )

netstats_in_bps =
y
<httpd_builtin>
    enabled = y
    host =
    port = 8080
    user = nobody
    group = nobody
    log_file = /var/log/monitorix-httpd
   
# 管理画面へのアクセス権を設定 : デフォルト禁止で許可するIPアドレスを指定

    hosts_deny =
all

    hosts_allow =
10.0.0.0/24

[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/monitorix start

[ OK ] monitorix: [ OK ]
[root@dlp ~]#
chkconfig monitorix on
[3] アクセス許可したネットワーク範囲内の任意のコンピュータから Webブラウザを起動して「http://(Monitorixサーバーのホスト名またはIPアドレス):8080/monitorix/」にアクセスすると、 Monitorix の管理画面が表示されます。参照したいグラフを選択して「OK」ボタンをクリックするとデータが表示されます。
[4] 以下のように各データがグラフ表示で参照できます。
 
Tweet