CentOS 6
Sponsored Link

phpMyAdmin インストール
2016/08/08
 
phpMyAdmin をインストールして、Web ブラウザ経由で MariaDB の操作ができるように設定します。
[1]
[2]
[3] phpMyAdmin をインストールします。
# EPEL からインストール

[root@www ~]#
yum --enablerepo=epel -y install phpMyAdmin php-mysql php-mcrypt
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
# 25, 42行目:アクセス許可IP追記

Allow from 127.0.0.1
10.0.0.0/24
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

[4] SELinux を有効にしている場合は、許可ルールの追加が必要です。
[root@www ~]#
vi php_mariadb.te
# 以下の内容で新規作成

module php_mariadb 1.0;

require {
        type httpd_t;
        type initrc_t;
        class unix_stream_socket connectto;
}

#============= httpd_t ==============
allow httpd_t initrc_t:unix_stream_socket connectto;

# 中間ファイル生成

[root@www ~]#
checkmodule -m -M -o php_mariadb.mod php_mariadb.te

checkmodule: loading policy configuration from php_mariadb.te
checkmodule: policy configuration loaded
checkmodule: writing binary representation (version 10) to php_mariadb.mod
# 中間ファイルからモジュール生成

[root@www ~]#
semodule_package --outfile php_mariadb.pp --module php_mariadb.mod

# モジュールインストール

[root@www ~]#
semodule -i php_mariadb.pp

[5] クライアントPC で Web ブラウザを起動し、「http://(ホスト名またはIPアドレス)/phpmyadmin/」にアクセスします。 認証フォームが表示されるので、MariaDB に登録したユーザーで認証してログインします。ここでは例として root でログインします。
[6] ログインできました。この管理画面から MariaDB を操作することができます。
[7] 「http://(ホスト名)/phpmyadmin/setup」にアクセスすると、各種設定の変更が可能です。
 
Tweet