CentOS 5
Sponsored Link

ZABBIX - 監視対象の追加(1)
2010/05/03
  他ホストも監視対象とすることができます。 監視対象ホストに ZABBIX Agent をインストールし、設定を施すことで可能となります。

[1] 追加したい監視対象ホストでAgentをインストールします。 ここでは例として CentOS 5 で稼動しているホストを監視対象に追加してみます。 インストールはZABBIXサーバーの時と同じ要領です。
[root@dlp ~]#
rpm -Uvh http://www.zabbix.jp/rpms/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-1.noarch.rpm

Preparing...     ################################ [100%]
   1:zabbix-jp-release     ################################ [100%]
[root@dlp ~]#
vi /etc/yum.repos.d/zabbix-jp.repo


[zabbix-jp]
name=ZABBIX-JP - $basearch
baseurl=http://www.zabbix.jp/rpms/rhel5/$basearch/
enabled=
0
   
# 変更

gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=zabbix-jp -y install zabbix-agent


[root@dlp ~]#
vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf


# 11行目:ZABBIXサーバーのIPに変更

Server=
192.168.0.9


# 28行目:自身のIPに変更

ListenIP=
192.168.0.250


[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/zabbix-agent start

Starting zabbix agent:     [  OK  ]
[2] ZABBIXの管理サイトにログインし、「設定」-「ホスト」を開き、「ホストの作成」をクリックします。
 
[3] 名前には適当なものを、DNS名にはDNS名を(ここではブランクとした)、 IPアドレスには監視対象のIPアドレスを入力します。接続方法は、ここではDNS名はブランクとしているので、 「IPアドレス」に変更します。さらに、テンプレートとのリンクの「追加」ボタンをクリックします。
 
[4] 右上のグループを「全て」にし、「Template_Linux」にチェックを入れ、下段の「選択」ボタンをクリックします。
 
[5] 下段の「保存」ボタンをクリックします。
 
[6] 新規に監視対象ホストが追加されました。
 
[7] 追加直後は「状態」が「不明」になっていますが、少し時間が経つと 以下のように「監視中」に変わり、追加したホストの状態も見ることができるようになります。
 
関連コンテンツ
 
Tweet