CentOS 5
Sponsored Link

ゲストOSのカーネルアップデート
2009/04/20
[1] ホストOS上で、'yum update' したときにカーネルが更新されたときは、 ゲストOS側もアップデートしてやります。 以下の例では、ホストOS上の元々のカーネルが「2.6.18-8.1.1.el5xen」でしたが、アップデートにより、 「2.6.18-8.1.3.el5xen」に更新されたため、ゲストOS 'www' のカーネルも同様に更新しています。
[root@ns ~]#    
# ホストOS上

[root@ns ~]#
2.6.18-8.1.3.el5xen
[root@ns ~]#
xm console www


[root@www ~]#    
# ゲストOS 'www' 上

[root@www ~]#
2.6.18-8.1.1.el5xen    
# 古い

[root@www ~]#    
# Ctrl + ] キー

[root@ns ~]#    
# 再びホストOS上

[root@ns ~]#
mount /dev/Xen/www00 /mnt

[root@ns ~]#
cd /lib/modules

[root@ns modules]#
cp -a 2.6.18-8.1.3.el5xen /mnt/lib/modules/

[root@ns modules]#
vi /etc/xen/www


# 以下のように変更

kernel     = "/boot/
vmlinuz-2.6.18-8.1.3.el5xen
"
ramdisk     = "/boot/
initrd-2.6.18-8.1.3.el5xen.img
"
memory     = "512"
name     = "www"
vcpus     = "2"
nicks     = "1"
vif     = [ 'mac=00:16:3e:00:00:11,bridge=xenbr0' ]
disk     = [ 'phy:Xen/www00,hda1,w',
'phy:Xen/www01,hda2,w',
'phy:Xen/www02,hda3,w',
'phy:Xen/www03,hda4,w',
'phy:Xen/www04,hda5,w', ]
root     = "/dev/hda1 ro"
extra     = "3"

[root@ns modules]#
xm shutdown www

[root@ns modules]#
xm create -c www


[root@www ~]#
2.6.18-8.1.3.el5xen    
# 変更された
関連コンテンツ
 
Tweet