CentOS 5
Sponsored Link

ネットワークインストール
2010/06/18
 
クライアントマシンからPXEサーバーに置いたISOイメージを読み込んでネットワークインストールをします。 クライアントマシンに光学ドライブがついてない場合や、多くのクライアントマシンにOSをインストールする場合に便利です。 クライアントとなるマシンはPXE対応のNICを搭載している必要があります。
[1] ネットワーク経由でブートさせたいOSのISOイメージを前もって適当な場所へダウンロードしておき、以下の作業を行います。 ここの例では CentOS 5.5 のISOイメージを /root 直下にダウンロードしています。
[root@dlp ~]#
mkdir /mnt/iso

[root@dlp ~]#
mount -t iso9660 -o loop ./CentOS-5.5-x86_64-bin-DVD-1of2.iso /mnt/iso

[root@dlp ~]#
cp /mnt/iso/images/pxeboot/vmlinuz /tftpboot/linux-install/

[root@dlp ~]#
cp /mnt/iso/images/pxeboot/initrd.img /tftpboot/linux-install/

[root@dlp ~]#
cp /usr/lib/syslinux/pxelinux.0 /tftpboot/linux-install/

[root@dlp ~]#
vi /tftpboot/linux-install/pxelinux.cfg/default
# 以下の内容で新規作成

default centos5
label centos5
kernel vmlinuz
append load initrd=initrd.img devfs=nomount
[2] HTTPサーバーを稼動させておきます。インストールはWebサーバーの項を参照ください。 HTTPサーバーはPXEサーバー用途のみで使うならば httpd のインストールと以下の設定のみでOKです。
[root@dlp ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/pxeboot.conf
# 以下の内容で新規作成

Alias /centos5 "/mnt/iso"
<Directory /mnt/iso>
    Options Indexes FollowSymLinks
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1 10.0.0.0/24    
# アクセス許可範囲

</Directory>
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:     [  OK  ]
Starting httpd:     [  OK  ]
[3] ネットワーク経由でインストールするクライアント側のマシンでBIOSの設定を変更し、 起動順序をネットワーク最優先にしてマシンを起動します。すると以下のようにPXEサーバーからの読み込みが始まります。
  インストーラが起動し、まず言語の選択になります。
  キーボードの選択です。
  インストール元を選択します。[5]でHTTP経由になるよう設定したので「HTTP」を選択します。
  ネットワークの設定です。要領は通常のインストール時と変わらないので手順は割愛します。
  インストール元のURLとディレクトリを指定します。PXEサーバーのIPアドレスと、[5]で設定したISOイメージを置いているディレクトリを指定します。
  いつもの画面が起動します。これ以降は通常のインストールと同じです。 インストールが終わって再起動がかかったときには、BIOSの設定がネットワーク最優先になっているのを元に戻しておいてください。
関連コンテンツ
 
Tweet