CentOS 5
Sponsored Link

PXEサーバー構築/設定
2010/06/18
 
PXE(Preboot eXecution Environment)サーバーを構築してクライアントからネットワークブートができるようにします。 クライアントとなるマシンはPXE対応のNICを搭載している必要があります。
[1] まずはPXEサーバーに必要なものをインストールしておきます。
[root@dlp ~]#
yum -y install system-config-netboot syslinux xinetd tftp-server
[2] TFTPを起動しておきます。
[root@dlp ~]#
vi /etc/xinetd.d/tftp
# 14行目:変更

disable =
no
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/xinetd start

Starting xinetd:     [  OK  ]
[root@dlp ~]#
chkconfig xinetd on
[3] DHCPサーバーを稼動させておきます。基本設定はDHCPサーバーの項を参照ください。基本設定に加えて以下の作業を行います。
[root@dlp ~]#
vi /etc/dhcpd.conf
option domain-name-servers     10.0.0.5;
# 適当に13行目あたりにでも追記

filename     "/linux-install/pxelinux.0";
next-server     10.0.0.5;
   
# PXEサーバーのIPアドレス
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/dhcpd restart

Shutting down dhcpd:     [  OK  ]
Starting dhcpd:     [  OK  ]
[4]
以上でPXEサーバーの土台は構築完了です。 実際にPXEサーバーを使ってクライアントマシンからネットワークインストールをしたり、 ディスクレスでクライアントマシンを起動したりというのは、別途追加設定が必要になります。

関連コンテンツ
 
Tweet