CentOS 5
Sponsored Link

nrpeインストール
2008/08/16
  リモートの監視対象ホストに nrpe をインストールしてサービスの監視ができるようにします。

[1] まずは nrpe を Nagios サーバーと監視対象ホスト側の両方にインストールします。
[root@ns ~]#
yum --enablerepo=dag -y install nagios-nrpe nagios-plugins-nrpe
 
# DAGからインストール
[2] 監視対象ホスト側の設定です。xinetdをインストールして設定します。
[root@lan ~]#
yum -y install xinetd


[root@lan ~]#
vi /etc/xinetd.d/nrpe


service nrpe
{
flags
= REUSE

type
= UNLISTED

port
= 5666

socket_type
= stream

wait
= no

user
= nagios

group
= nagios

server
= /usr/sbin/nrpe

server_args
= -c /etc/nagios/nrpe.cfg --inetd

log_on_failure
+= USERID

disable
=
no
   
# 変更

only_from
= 127.0.0.1
192.168.0.21
   
# nagiosサーバーのIP追記


}

[root@lan ~]#
/etc/rc.d/init.d/xinetd start

Starting xinetd:     [  OK  ]
[root@lan ~]#
chkconfig xinetd on
[3] Nagios サーバー側の設定です。
[root@ns ~]#
vi /etc/nagios/objects/commands.cfg


# 最終行に追記

define command{
command_name
    check_nrpe
command_line
    $USER1$/check_nrpe -H $HOSTADDRESS$ -c $ARG1$
}


[root@ns ~]#
/etc/rc.d/init.d/nagios restart

Running configuration check...done.
Stopping nagios: done.
Starting nagios: done.
[4] 監視対象ホスト側に各種監視項目を設定します。 例としてデフォルトで用意されているCPUのロードアベレージ等々の値を有効にしてみます。
[root@lan ~]#
vi /etc/nagios/nrpe.cfg


# 最終行に以下4行追記

# ログインユーザー数が5で警告、10で異常

command[check_users]=/usr/lib64/nagios/plugins/check_users -w 5 -c 10
# CPUロードアベレージが5.0,4.0,3.0で警告、10.0,6.0,4..で異常

command[check_load]=/usr/lib64/nagios/plugins/check_load -w 5.0,4.0,3.0 -c 10.0,6.0,4..
# / の空き容量が20%で警告、10%で異常

command[check_disk]=/usr/lib64/nagios/plugins/check_disk -w 20% -c 10% -p /
# プロセス数が250で警告、400で異常

command[check_procs]=/usr/lib64/nagios/plugins/check_procs -w 250 -c 400 -s RSZDT
[5] 再び Nagios サーバー側に戻って[4]の設定と関連する箇所を追記します。
[root@ns ~]#
vi /etc/nagios/servers/lan.cfg


# 最終行に以下追記

define service{
use
generic-service

host_name
lan

service_description
Current Users

check_command
check_nrpe!check_users

}

define service{
use
generic-service

host_name
lan

service_description
Current Load

check_command
check_nrpe!check_load

}

define service{
use
generic-service

host_name
lan

service_description
Root Partition

check_command
check_nrpe!check_disk

}

define service{
use
generic-service

host_name
lan

service_description
Total Processes

check_command
check_nrpe!check_procs

}


[root@ns ~]#
/etc/rc.d/init.d/nagios restart

Running configuration check...done.
Stopping nagios: done.
Starting nagios: done.
[6] Nagios の管理画面にアクセスすると、以下のように監視対象ホストの設定した各監視項目が追加されていることが分かります。
 
関連コンテンツ