CentOS 5
Sponsored Link

バックアップ対象クライアント設定
2010/05/03
  バックアップ対象クライアントで稼働させる File デーモンの設定をします。

[1] まずは必要なものをインストールします。以下の「bacula-client」パッケージは、 BaculaサーバーでRPMパッケージをビルドした際に一緒にできていますので、 事前にサーバーからクライアントへもってきておいてください。
[root@dlp4 ~]#
yum -y install mysql


[root@dlp4 ~]#
rpm -Uvh bacula-client-3.0.1-1.x86_64.rpm

Preparing...     ############################ [100%]
   1:bacula-client     ############################ [100%]
[2] File デーモンの設定
# コメント行が多いため一旦とり除く

[root@dlp ~]#
mv /etc/bacula/bacula-fd.conf /etc/bacula/bacula-fd.conf.bk

[root@dlp ~]#
grep '^[^#]' /etc/bacula/bacula-fd.conf.bk > /etc/bacula/bacula-fd.conf

[root@dlp ~]#
chmod 600 /etc/bacula/bacula-fd.conf

[root@dlp ~]#
vi /etc/bacula/bacula-fd.conf


Director {
  Name = dlp-dir
 
# 3行目: パスワード指定

  Password = "
password
"
}

Director {
  Name = dlp-mon
 
# 7行目: パスワード指定

  Password = "
password
"
  Monitor = yes
}

[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/bacula-fd start

Starting Bacula File services:     [  OK  ]
[root@dlp ~]#
chkconfig bacula-fd on
[3] bconsole の設定
[root@dlp ~]#
vi /etc/bacula/bconsole.conf


Director {
  Name = dlp-dir
  DIRport = 9101
 
# 8行目: DirectorデーモンのIPアドレス指定

  address =
192.168.0.20

 
# 9行目: パスワード指定

  Password = "
password
"
}
関連コンテンツ
 
Tweet