Windows 2008R2
Sponsored Link

Hyper-V - 統合サービスをインストールする(Windows)
2013/08/30
 
ゲストシステム用の物理コンピューターと仮想マシンとの統合性を向上させる「統合サービス」をインストールします。
Windows では統合サービスはすでに組み込まれてはいますが、2008系だとアップグレードできるので、実施しておきます。
[1] 仮想マシンのコンソールメニューより「操作」-「統合サービスセットアップディスクの挿入」をクリックします。
[2] 仮想ディスクとして認識されるので、そのままセットアップを実行してください。
[3] インストールが自動で進行します。以上で統合サービスのインストール完了です。
統合サービスをインストールする(Linux)
[4]
Hyper-Vでサポートされる Linux 系の統合サービスは以下を参照してインストールしてください。
⇒ http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831531.aspx
ただし、CentOS 6.5であればパッケージで提供されているので以下のように yum で簡単にインストールできます。
[root@dlp ~]#
yum -y install hypervkvpd

関連コンテンツ
 
Tweet