Ubuntu 22.04
Sponsored Link

Kubernetes : ダッシュボードを有効にする
2022/11/03
 
ダッシュボードを有効にして、Web UI で Kubernetes クラスターの管理ができるようにします。
当例では以下のように 3 台のノードを使用して Kubernetes クラスターを構成しています。
-----------+---------------------------+--------------------------+------------
           |                           |                          |
       eth0|10.0.0.25              eth0|10.0.0.71             eth0|10.0.0.72
+----------+-----------+   +-----------+-----------+   +-----------+-----------+
|  [ ctrl.srv.world ]  |   |  [snode01.srv.world]  |   |  [snode02.srv.world]  |
|     Control Plane    |   |      Worker Node      |   |      Worker Node      |
+----------------------+   +-----------------------+   +-----------------------+

[1] Control Plane ノードでダッシュボードを有効にします。
root@ctrl:~#
kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes/dashboard/v2.7.0/aio/deploy/recommended.yaml

namespace/kubernetes-dashboard created
serviceaccount/kubernetes-dashboard created
service/kubernetes-dashboard created
secret/kubernetes-dashboard-certs created
secret/kubernetes-dashboard-csrf created
secret/kubernetes-dashboard-key-holder created
configmap/kubernetes-dashboard-settings created
role.rbac.authorization.k8s.io/kubernetes-dashboard created
clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/kubernetes-dashboard created
rolebinding.rbac.authorization.k8s.io/kubernetes-dashboard created
clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/kubernetes-dashboard created
deployment.apps/kubernetes-dashboard created
service/dashboard-metrics-scraper created
deployment.apps/dashboard-metrics-scraper created
[2] ダッシュボード用のアカウントを追加して、ダッシュボードにアクセスできるように設定します。
root@ctrl:~#
kubectl create serviceaccount -n kubernetes-dashboard admin-user

serviceaccount/admin-user created
root@ctrl:~#
vi rbac.yml
# 新規作成

apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
kind: ClusterRoleBinding
metadata:
  name: admin-user
roleRef:
  apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
  kind: ClusterRole
  name: cluster-admin
subjects:
- kind: ServiceAccount
  name: admin-user
  namespace: kubernetes-dashboard

root@ctrl:~#
kubectl apply -f rbac.yml

clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/admin-user created
# 追加したアカウントのセキュリティトークン取得

root@ctrl:~#
kubectl -n kubernetes-dashboard create token admin-user

eyJhbGciOiJSUzI1NiIsImtpZCI6I.....
# プロキシ起動

root@ctrl:~#
kubectl proxy

Starting to serve on 127.0.0.1:8001
# もし他ホストからもアクセスする場合はポートフォワード

root@ctrl:~#
kubectl port-forward -n kubernetes-dashboard service/kubernetes-dashboard --address 0.0.0.0 10443:443

Forwarding from 0.0.0.0:10443 -> 8443
[3]
[kubectl proxy] で起動した場合は、ローカルホストで Web ブラウザーを起動して、以下の URL にアクセスします。
⇒ http://localhost:8001/api/v1/namespaces/kubernetes-dashboard/services/https:kubernetes-dashboard:/proxy/
ポートフォワーディングで起動した場合は、ローカルネットワーク内の任意のコンピューターで Web ブラウザーを起動して、以下の URL にアクセスします。
⇒ https://(Control Plane ノードのホスト名 または IP アドレス):(設定したポート)/
アクセス後、以下のような画面が表示されたら、[2] で取得したセキュリティトークンを コピー & ペーストして [Sing In] ボタンをクリックします。
なお、下例の画面は英語表示となっていますが、日本語 OS でアクセスすれば日本語で表示されます。
[4] 認証が成功すると Kubernetes クラスターのダッシュボードが表示されます。
関連コンテンツ