Ubuntu 20.04
Sponsored Link

OpenStack Xena : 連携サービスのインストール
2021/10/07
 
OpenStack Xena によるクラウド基盤の構築です。
OpenStack の各コンポーネントが必要とするサービスを事前にインストールしておきます。
当例では以下のような環境に各コンポーネントをインストールします。
        eth0|10.0.0.30 
+-----------+-----------+
|    [ Control Node ]   |
|                       |
|  MariaDB    RabbitMQ  |
|  Memcached            |
+-----------------------+

[1]
こちらを参考に NTP を設定して、時刻同期ができるようにしておきます。
[2]
[3] Openstack Xena のリポジトリを追加しておきます。
root@dlp:~#
apt -y install software-properties-common

root@dlp:~#
add-apt-repository cloud-archive:xena

root@dlp:~#
apt update

root@dlp:~#
apt -y upgrade

[4] RabbitMQ, Memcached をインストールしておきます。
root@dlp:~#
apt -y install rabbitmq-server memcached python3-pymysql
# RabbitMQ ユーザー追加

# [password] は任意のパスワードを設定

root@dlp:~#
rabbitmqctl add_user openstack password

Creating user "openstack" ...
root@dlp:~#
rabbitmqctl set_permissions openstack ".*" ".*" ".*"

Setting permissions for user "openstack" in vhost "/" ...
root@dlp:~#
vi /etc/mysql/mariadb.conf.d/50-server.cnf
# 28行目 : 変更

bind-address =
0.0.0.0
# 40行目 : コメント解除して変更

# デフォルト値 151 では不足することがある

max_connections =
500
root@dlp:~#
vi /etc/memcached.conf
# 35行目 : 変更

-l
0.0.0.0
root@dlp:~#
systemctl restart mariadb rabbitmq-server memcached
関連コンテンツ