Ubuntu 20.04
Sponsored Link

Nginx : リバースプロキシの設定
2020/08/28
 
Nginx でのリバースプロキシの設定です。
例として、ホスト [www.srv.world] の Nginx サーバーで受けた HTTP/HTTPS アクセスを、バックエンドホスト [dlp.srv.world] の Nginx サーバーへ転送するよう設定します。
[1]
[2] Nginx の設定です。
root@www:~#
vi /etc/nginx/sites-available/default
# 内容を以下のように変更

# サーバー名や証明書等は自身の環境に置き換え


server {
        listen      80 default_server;
        listen      [::]:80 default_server;
        listen      443 ssl http2 default_server;
        listen      [::]:443 ssl http2 default_server;
        server_name www.srv.world;

        ssl_certificate "/etc/letsencrypt/live/www.srv.world/fullchain.pem";
        ssl_certificate_key "/etc/letsencrypt/live/www.srv.world/privkey.pem";
        ssl_session_cache shared:SSL:1m;
        ssl_session_timeout  10m;

        proxy_redirect      off;
        proxy_set_header    X-Real-IP $remote_addr;
        proxy_set_header    X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
        proxy_set_header    Host $http_host;

        location / {
                proxy_pass http://dlp.srv.world/;
        }
}

root@www:~#
systemctl restart nginx

[3] バックエンド Nginx サーバーで X-Forwarded-For ヘッダーをロギングするよう設定しておきます。
root@dlp:~#
vi /etc/nginx/nginx.conf
# [http] セクション内に [log_format] 設定を追記


http {
        log_format main '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
        '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
        '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

root@dlp:~#
vi /etc/nginx/sites-available/default
# [server] セクション内に追記

# [set_real_ip_from] は自身の信頼できる内部ネットワークを指定

server {
        listen 80 default_server;
        listen [::]:80 default_server;
        set_real_ip_from   10.0.0.0/24;
        real_ip_header     X-Forwarded-For;

root@dlp:~#
systemctl restart nginx

[4] 任意のクライアントホストからフロントエンドの Nginx サーバーへ HTTP/HTTPS アクセスして動作を確認します。 また、バックエンドの Nginx ログ [/var/log/nginx/access.log] にアクセス元のクライアントホストの IP アドレスがロギングされていることも確認しておくとよいでしょう。
関連コンテンツ