Ubuntu 18.04
Sponsored Link

Prometheus : 監視対象ホストを追加する
2018/12/11
 
監視対象ホストを追加したい場合は以下のように設定します。
[1] CPU やメモリーなどの一般的なシステムリソースのデータを取得する [prometheus-node-exporter] パッケージを、新たに追加したいノードへインストールします。
root@node01:~#
apt -y install prometheus-node-exporter
# サービス名は [prometheus-node-exporter(.service)]

root@node01:~#
systemctl status prometheus-node-exporter

*  prometheus-node-exporter.service - Prometheus exporter for machine metrics
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/prometheus-node-exporter.service; enabled
   Active: active (running) since Tue 2018-12-11 19:20:46 JST; 50s ago
     Docs: https://github.com/prometheus/node_exporter
 Main PID: 1377 (prometheus-node)
    Tasks: 4 (limit: 4663)
   CGroup: /system.slice/prometheus-node-exporter.service
           +--377 /usr/bin/prometheus-node-exporter --collector.diskstats.ignore
[2] Prometheus サーバー側で設定に追加します。
root@dlp:~#
vi /etc/prometheus/prometheus.yml
  # 38行目: targets にホストを追加
  - job_name: node
    # If prometheus-node-exporter is installed, grab stats about the local
    # machine by default.
    static_configs:
      - targets: ['localhost:9100', 'node01.srv.world:9100']

  # グループを分けたい場合は [job_name] セクションを増やす
  # [job_name] は任意の名前でOK
  - job_name: Hiroshima
    static_configs:
      - targets: ['node02.srv.world:9100']

root@dlp:~#
systemctl restart prometheus
[3] Prometheus Web UI へアクセスし、[Status] - [Targets] をクリックして、設定したホストが追加されているか確認します。
[4] クエリーを直接入力することでジョブやノードを絞って表示することもできます。
下例は node_load5{job="Hirosima"} に含まれるノードを表示
[5] 下例は node_load5{instance=~"node01.*"} に合致するノードを表示
関連コンテンツ
 
Tweet