Ubuntu 18.04
Sponsored Link

OpenStack Queens : Nova 設定#3
2018/06/13
 
OpenStack Compute Service(Nova)をインストールします。
当例では以下のような環境に Nova Compute サービスをインストールします。
以下のように All in One 構成にはせず、Compute ノードを他ホストに分離して構成する、あるいは 既存のクラスター環境に Compute サービスを構成した他ホストを追加する 等の場合はこちらを参照して設定ください
         eth0|10.0.0.30 
 +-----------+-----------+
 |    [ Control Node ]   |
 |                       |
 |  MariaDB    RabbitMQ  |
 |  Memcached  httpd     |
 |  Keystone   Glance    |
 |   Nova API,Compute    |
 +-----------------------+

[1]
Compute ノードとするホストに こちらを参考に KVMハイパーバイザーをインストールしておきます。
なお、リンク先 [3] のブリッジの設定は不要です。
[2] Nova Compute をインストールします。
root@dlp ~(keystone)#
apt -y install nova-compute-kvm
[3] Nova の基本設定に加えて、追加の設定を実施します。
root@dlp ~(keystone)#
vi /etc/nova/nova.conf
# 任意の位置へ以下を追記

# VNC を有効にする
[vnc]
enabled = True
server_listen = 0.0.0.0
server_proxyclient_address = 10.0.0.30
novncproxy_base_url = http://10.0.0.30:6080/vnc_auto.html 
[4] Nova Compute をサービス起動します。
root@dlp ~(keystone)#
systemctl restart nova-compute

# Compute ノード ディスカバー

root@dlp ~(keystone)#
su -s /bin/bash nova -c "nova-manage cell_v2 discover_hosts"
# 動作確認

root@dlp ~(keystone)#
openstack compute service list

+----+------------------+---------------+----------+---------+-------+----------------------------+
| ID | Binary           | Host          | Zone     | Status  | State | Updated At                 |
+----+------------------+---------------+----------+---------+-------+----------------------------+
|  1 | nova-consoleauth | dlp.srv.world | internal | enabled | up    | 2018-06-13T05:42:08.000000 |
|  2 | nova-scheduler   | dlp.srv.world | internal | enabled | up    | 2018-06-13T05:42:07.000000 |
|  3 | nova-conductor   | dlp.srv.world | internal | enabled | up    | 2018-06-13T05:42:08.000000 |
|  6 | nova-compute     | dlp.srv.world | nova     | enabled | up    | 2018-06-13T05:42:09.000000 |
+----+------------------+---------------+----------+---------+-------+----------------------------+
関連コンテンツ
 
Tweet