Ubuntu 18.04
Sponsored Link

Kubernetes : Kubeadm : インストール
2018/10/22
 
Kubeadm をインストールして、マルチノード Kubernetes クラスターを構成します。
当例では以下のように 3台のホストを使用して設定します。
前提条件として、それぞれのノードの Hostname, MAC address, Product_uuid は一意である必要があります。
MAC address と Product_uuid は、通常の物理マシンや一般的な方法で作成した仮想マシンであれば、すでに一意となっているはずです。 Product_uuid は [dmidecode -s system-uuid] コマンドで確認できます。
-----------+---------------------------+--------------------------+------------
           |                           |                          |
       eth0|10.0.0.30              eth0|10.0.0.51             eth0|10.0.0.52
+----------+-----------+   +-----------+----------+   +-----------+----------+
|   [ dlp.srv.world ]  |   | [ node01.srv.world ] |   | [ node02.srv.world ] |
|      Master Node     |   |      Worker Node     |   |      Worker Node     |
+----------------------+   +----------------------+   +----------------------+

 
まずはノード共通の設定を全ノードに適用しておきます。
[1]
[2] 全ノードで、システム要件を満たすよう Swap 無効化等の設定を実施しておきます。
root@dlp:~#
swapoff -a

root@dlp:~#
vi /etc/fstab
# swap 行は無効化

#
/dev/mapper/ubuntu--vg-swap_1 none swap sw 0 0
[3] 全ノードで Kubeadm をインストールします。
root@dlp:~#
apt -y install apt-transport-https
root@dlp:~#
curl -s https://packages.cloud.google.com/apt/doc/apt-key.gpg | apt-key add -

OK
root@dlp:~#
echo "deb http://apt.kubernetes.io/ kubernetes-xenial main" | tee -a /etc/apt/sources.list.d/kubernetes.list

root@dlp:~#
apt update

root@dlp:~#
apt -y install kubeadm kubelet kubectl
# まだ起動せず有効化のみ適用

root@dlp:~#
systemctl enable kubelet

関連コンテンツ
 
Tweet