Ubuntu 18.04
Sponsored Link

初期設定 : root ユーザーを利用する
2018/04/27
 
Ubuntu のデフォルト設定では root ユーザーはパスワードが設定されていないため利用不可となっています。 基本は管理者として設定したユーザーで sudo コマンドを利用して root 特権を行使するべきですが、何らかの理由で root ユーザーを利用したい場合は以下のようにして利用可能です。
[1] Ubuntu サーバー インストール過程で追加したユーザーのように、Sudo による全管理者権限が与えられたユーザーであれば、 Sudo のオプション指定で root 権限のシェルを取得可能です。
ubuntu@dlp:~$
sudo -s

[sudo] password for ubuntu:   # 自身のパスワード
root@dlp:~#                   # 遷移完了
[2] または root ユーザーにパスワードを設定することで、従来の su コマンドによる利用が可能となります。
ubuntu@dlp:~$
sudo passwd root

[sudo] password for ubuntu:   # 自身のパスワード
Enter new UNIX password:      # rootパスワード設定
Retype new UNIX password:     # 確認再入力
passwd: password updated successfully

ubuntu@dlp:~$
su -

Password:                     # rootパスワード入力
root@dlp:~#                   # 遷移完了
当サイトの例では、以後、root ユーザーからのコマンド入力での表示をします。 一般ユーザーから Sudo で管理者権限を使用している場合はコマンドの頭に sudo をつけて読み替えてください。
上記いずれかの方法で root ユーザーのシェル取得による遷移行動を許可する場合は、実行可能ユーザーを限定しておいた方がよいでしょう。 Sudo の場合は禁止コマンドとしてシェルを登録しておけば -s オプション指定での root シェル取得による遷移行動は不可となります。 Sudo の設定方法はこちらを参照ください
[3] su コマンドの実行を制限する場合は、以下のように設定します。
root@dlp:~#
vi /etc/pam.d/su
# 15行目:コメント解除し su を許可するグループ名追記

auth       required   pam_wheel.so  group=adm

root@dlp:~#
usermod -G adm ubuntu

関連コンテンツ
 
Tweet