Ubuntu 18.04
Sponsored Link

Apache2 : SSL/TLS の設定
2018/06/08
 
SSL/TLS を設定して暗号化通信ができるようにします。なお、HTTPS は 443/TCP を使用します。
[1]
[2] Apache2 の設定です。
root@www:~#
vi /etc/apache2/sites-available/default-ssl.conf
# 3行目:管理者アドレス変更

ServerAdmin
webmaster@srv.world
# 32,33行目:[1]で取得した証明書に変更

SSLCertificateFile      /etc/letsencrypt/live/www.srv.world/cert.pem
SSLCertificateKeyFile   /etc/letsencrypt/live/www.srv.world/privkey.pem

# 42行目:コメント解除して[1]で取得したチェインファイルに変更

SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/www.srv.world/chain.pem
root@www:~#
a2ensite default-ssl

Enabling site default-ssl.
To activate the new configuration, you need to run:
  systemctl reload apache2

root@www:~#
a2enmod ssl

Considering dependency setenvif for ssl:
Module setenvif already enabled
Considering dependency mime for ssl:
Module mime already enabled
Considering dependency socache_shmcb for ssl:
Enabling module socache_shmcb.
Enabling module ssl.
See /usr/share/doc/apache2/README.Debian.gz on how to configure SSL and create self-signed certificates.
To activate the new configuration, you need to run:
  systemctl restart apache2

root@www:~#
systemctl restart apache2

[3] HTTP 通信も全て HTTPS へリダイレクトして Always on SSL/TLS とする場合は以下のようにそれぞれの Virtualhost 設定内へ記述します。下例のように conf に設定しない場合は、各ドキュメントルートの直下に [.htaccess] を配置して設定します。
root@www:~#
vi /etc/apache2/sites-available/000-default.conf
<VirtualHost *:80>
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTPS} off
    RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

root@www:~#
a2enmod rewrite

Enabling module rewrite.
To activate the new configuration, you need to run:
  systemctl restart apache2
root@www:~#
systemctl restart apache2

[4] クライアントPC から Web ブラウザでテストページに HTTPS でアクセスします。正常にページが表示されれば OK です。 Always On SSL/TLS を設定した場合は HTTP アクセスして正常にリダイレクトされるかも確認しておきます。
関連コンテンツ
 
Tweet