Ubuntu 16.04
 

SSH 鍵認証
2016/04/23
 
クライアント用に秘密鍵、サーバー用に公開鍵を作成し、鍵認証でログインできるようにします。
[1] 鍵ペアはユーザー各々で作成します。よって、鍵ペアを作成するユーザーでサーバー側にログインして作業します。
# 鍵ペア作成

ubuntu@dlp:~$
ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/ubuntu/.ssh/id_rsa):  
# 変更の必要がなければそのまま空 Enter

Enter passphrase (empty for no passphrase):  
# パスフレーズ設定 (空 Enter でノーパス設定)

Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/ubuntu/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/ubuntu/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
30:ee:f0:47:38:9d:8a:24:5e:01:c8:13:df:15:40:b4 ubuntu@dlp
The key's randomart image is:

ubuntu@dlp:~$
mv ~/.ssh/id_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys

ubuntu@dlp:~$
chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

[2] サーバー側で作成した秘密鍵をクライアント側にファイル転送すると、そのクライアントから対象サーバーに、鍵認証でログイン出来るようになります。
ubuntu@www:~$
mkdir ~/.ssh

ubuntu@www:~$
chmod 700 ~/.ssh
# サーバーで作成した秘密鍵を SCP で持ってくる

ubuntu@www:~$
scp ubuntu@10.0.0.30:/home/ubuntu/.ssh/id_rsa ~/.ssh/

ubuntu@10.0.0.30's password:
id_rsa
ubuntu@www:~$
ssh ubuntu@10.0.0.30

Enter passphrase for key '/home/ubuntu/.ssh/id_rsa':  
# 設定したパスフレーズ

Last login: Wed April 24 21:37:19 2016 from www.srv.world
ubuntu@dlp:~$  
# ログインできた

[3] なお、鍵認証にした場合、以下のように SSH サーバーへのパスワード認証を禁止すると、よりセキュアな環境とすることができます。
root@dlp:~#
vi /etc/ssh/sshd_config
# 52行目:コメント解除し、パスワード認証不可に変更

PasswordAuthentication
no
root@dlp:~#
systemctl restart ssh

Windows クライアントからの SSH 鍵認証
 
Windows クライアントから鍵認証方式でログインする場合の設定です。Putty を例にします。 事前に こちらを参考に、秘密鍵を Windows クライアントに転送しておいてください。
[4] Puttyの本家サイト より「Puttygen.exe」 をダウンロードして 「Putty.exe」と同じフォルダに保管し、実行します。ここで「Load」ボタンをクリックします。
[5] 事前に SSH サーバーから転送しておいた秘密鍵を指定すると、パスフレーズを求められるので入力して応答します。(ノーパス設定の場合は不要です)
[6] パスフレーズでの応答が完了すると以下の画面になります。ここで「Save private key」をクリックして、任意のフォルダに任意の名前で保存します。 ここでは例として「private_key」という名前で 「Putty.exe」と同じフォルダに保存します。
[7] Putty 本体を起動し、左メニューの「Connection」-「SSH」-「Auth」で、作成した「private_key」ファイルを選択します。
[8] 左メニューの「Session」に戻り、接続するホストの名前または IP アドレスを入力して、接続します。
[9] 鍵を作成したユーザーでログインしようとすると、以下のようにパスフレーズを求められ、 設定したパスフレーズを入力するとログインできます。
 
Tweet