Ubuntu 14.04
Sponsored Link

アクセス権付の共有フォルダ作成
2014/04/26
 
ユーザー認証が必要なアクセス権付の共有フォルダを作成します。
[1] 以下の例では 'security' というグループを作成し、共有フォルダへはそのグループに属するユーザーのみがアクセスできるようにしています。
root@smb:~#
groupadd security

root@smb:~#
mkdir /home/security

root@smb:~#
chgrp security /home/security

root@smb:~#
chmod 770 /home/security

root@smb:~#
vi /etc/samba/smb.conf
# 60行目:コメントにする

#
map to guest = Bad User
# 最終行に以下7行追記

[Security]
# テキトーに好きな名前指定

   path = /home/security
   writable = yes
   create mode = 0770
   directory mode = 0770
   share modes = yes
   guest ok = no
# ゲストは不許可

   valid users = @security
# security グループのみ許可
# Samba ユーザー登録

root@smb:~#
smbpasswd -a trusty

New SMB password:    
# パスワード設定

Retype new SMB password:
Added user trusty.
root@smb:~#
usermod -G security trusty

root@smb:~#
initctl restart smbd

smbd start/running, process 1017
[2] クライアントのWindows側での設定です。まずは以下のように 「マイコンピュータ」-「ネットワークドライブの割り当て」をクリックします。
[3] 「\\サーバー名\共有フォルダ名」と指定します。
[4] パスワードの入力を求められます。[1] で設定した Samba 用のパスワードを入力します。
[5] アクセスできました。
関連コンテンツ
 
Tweet