SLES 11 SP4
Sponsored Link

NISクライアントの設定
2015/12/02
 
NISクライアント側の設定です。
[1] Ypbind をインストールして設定します。
www:~ #
zypper -n install ypbind
# NISドメイン設定

www:~ #
ypdomainname srv.world

www:~ #
echo "srv.world" > /etc/defaultdomain

www:~ #
vi /etc/yp.conf
# 最終行へ追記 [domain (ドメイン名) server (NISマスターサーバーのホスト名 or IPアドレス)]

domain srv.world server dlp.srv.world
www:~ #
vi /etc/nsswitch.conf
# 以下のように変更

passwd: compat nis
group:  compat nis

hosts:  files dns nis
networks:       files dns

services:       files nis
protocols:      files
rpc:    files
ethers: files
netmasks:       files
netgroup:       files nis
publickey:      files

bootparams:     files
automount:      files
aliases:        files nis
shadow: compat

# ユーザーのホームディレクトリをサーバー個々に持たせるならば以下を設定

# (ログイン時にホームディレクトリを自動作成)

www:~ #
vi /etc/pam.d/common-session
# 最終行に追記

session optional        pam_mkhomedir.so skel=/etc/skel umask=077

www:~ #
echo '+::::::' >> /etc/passwd

www:~ #
echo '+' >> /etc/shadow

www:~ #
chkconfig ypbind on

www:~ #
www login:
suse
   
# NISユーザー

Password:
Creating directory '/home/suse'.
suse@www:~>    
# ログインできた
# 動作確認

suse@www:~>
dlp.srv.world
# パスワード変更

suse@www:~>
Changing password for suse.
Old Password:    
# 旧パスワード

New Password:    
# 新パスワード

Reenter New Password:
Changing NIS password for suse on dlp.srv.world.
Password changed.    
# 変更完了
関連コンテンツ