SLES 15
Sponsored Link

NTP サーバーの設定
2019/01/14
 
Chrony をインストールして、時刻同期のための NTP サーバーを構築します。なお、NTP は 123/UDP を使用します。
[1] Chrony をインストールします。
dlp:~ #
zypper -n install chrony
[2] Chrony の設定です。
dlp:~ #
vi /etc/chrony.conf
# 3行目:同期をとるサーバーを追記

#
! pool pool.ntp.org iburst
server ntp.nict.jp iburst
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst
# 25行目: 時刻同期を許可する範囲を追記

allow 10.0.0.0/24
dlp:~ #
systemctl start chronyd

dlp:~ #
systemctl enable chronyd

[3] Firewalld を有効にしている場合は NTP サービスの許可が必要です。なお、NTP は 123/UDP を使用します。
dlp:~ #
firewall-cmd --add-service=ntp --permanent

success
dlp:~ #
firewall-cmd --reload

success
[4] 動作確認をしておきます。以下のように結果が返ってくれば OK です。
dlp:~ #
chronyc sources

210 Number of sources = 2
MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^* ntp-b3.nict.go.jp             1   6    17    11   -412us[-5299us] +/-   10ms
^- ntp1.jst.mfeed.ad.jp          2   6    17    12  +1433us[+1433us] +/-   87ms
関連コンテンツ
 
Tweet