Fedora 33
Sponsored Link

MariaDB : phpMyAdmin インストール
2020/11/11
 
phpMyAdmin をインストールして、Web ブラウザ経由で MariaDB の操作ができるように設定します。
[1]
[2]
[3] phpMyAdmin をインストールします。
[root@www ~]#
dnf -y install phpMyAdmin php-mysqlnd php-mcrypt php-php-gettext
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
# 13行目:必要に応じてアクセス許可 IP 追記

Require ip 127.0.0.1 10.0.0.0/24
# 19行目:必要に応じてアクセス許可 IP 追記

Require ip 127.0.0.1 10.0.0.0/24
[root@www ~]#
systemctl restart httpd

[4] SELinux を有効にしている場合は、ポリシーの変更が必要です。
[root@www ~]#
setsebool -P httpd_can_network_connect on

[root@www ~]#
setsebool -P httpd_execmem on

[5] アクセスを許可したネットワーク内の任意のクライアントコンピューターで Web ブラウザを起動し、[http://(ホスト名またはIPアドレス)/phpmyadmin/] にアクセスします。 すると phpMyAdmin の認証フォームが表示されるので、MariaDB に登録したユーザーで認証してログインします。 ソケット認証のみが有効なユーザーではログインできないため、パスワードがセットされたユーザーでログインします。
[6] ログインできました。この管理画面から MariaDB を操作することができます。
関連コンテンツ