Fedora 32
Sponsored Link

Samba : フルアクセスの共有フォルダー作成
2020/05/18
 
Samba によるファイルサーバーの構築です。
例として、ローカルネットワーク内の誰もが読み書き可能、且つ、ユーザー認証を必要としないフルアクセスの共有フォルダーを設定します。
[1] Samba の設定です。
[root@smb ~]#
dnf -y install samba
[root@smb ~]#
mkdir /home/share

[root@smb ~]#
chmod 777 /home/share

[root@smb ~]#
vi /etc/samba/smb.conf
[global]
        # 7行目:追記 (文字コードを設定)
        unix charset = UTF-8
        dos charset = CP932
        # 変更 (Windows に合わせる)
        workgroup = WORKGROUP
        security = user
        # 追記 (アクセスを許可するネットワークを設定)
        hosts allow = 127. 10.0.0. 
        # 追記 (認証不要とする)
        map to guest = Bad User

.....
.....

# 最終行に追記
# 任意の共有名を設定
[Share]
        # 共有フォルダーを指定
        path = /home/share
        # 書き込みを許可する
        writable = yes
        # ゲストユーザー (nobody) を許可する
        guest ok = yes
        # 全てゲストユーザーとして扱う
        guest only = yes
        # ファイル作成時のパーミッションを [777] とする
        force create mode = 777
        # フォルダー作成時のパーミッションを [777] とする
        force directory mode = 777 

[root@smb ~]#
systemctl enable --now smb

[2] SELinux を有効にしている場合、且つ、当例のように [/home] 配下を共有フォルダーに利用する場合は SELinux ポリシーの変更が必要です。
[root@smb ~]#
setsebool -P samba_enable_home_dirs on

[root@smb ~]#
restorecon -R /home/share

[3] Firewalld を有効にしている場合は、Samba サービスの許可が必要です。
[root@smb ~]#
firewall-cmd --add-service=samba --permanent

success
[root@smb ~]#
firewall-cmd --reload

success
関連コンテンツ