Fedora 31
Sponsored Link

OpenLDAP : レプリケーション
2019/11/19
 
OpenLDAP レプリケーションの設定です。
LDAP スレーブサーバーを構築し、LDAP マスターサーバーダウン時も LDAP クライアントに対してサービスを継続できるようにします。 OpenLDAP 用語で LDAP マスターサーバーを [プロバイダー], LDAP スレーブサーバーを [コンシューマー] と呼びます。
[1]
LDAP プロバイダー および コンシューマーとするサーバー双方に、こちらを参照して LDAP サーバーとしての基本設定をしておきます
[2] LDAP プロバイダーの設定です。syncprov モジュールを追加します。
[root@dlp ~]#
vi mod_syncprov.ldif
# 新規作成

dn: cn=module,cn=config
objectClass: olcModuleList
cn: module
olcModulePath: /usr/lib64/openldap
olcModuleLoad: syncprov.la

[root@dlp ~]#
ldapadd -Y EXTERNAL -H ldapi:/// -f mod_syncprov.ldif

SASL/EXTERNAL authentication started
SASL username: gidNumber=0+uidNumber=0,cn=peercred,cn=external,cn=auth
SASL SSF: 0
adding new entry "cn=module,cn=config"

[root@dlp ~]#
vi syncprov.ldif
# 新規作成

dn: olcOverlay=syncprov,olcDatabase={2}mdb,cn=config
objectClass: olcOverlayConfig
objectClass: olcSyncProvConfig
olcOverlay: syncprov
olcSpSessionLog: 100

[root@dlp ~]#
ldapadd -Y EXTERNAL -H ldapi:/// -f syncprov.ldif

SASL/EXTERNAL authentication started
SASL username: gidNumber=0+uidNumber=0,cn=peercred,cn=external,cn=auth
SASL SSF: 0
adding new entry "olcOverlay=syncprov,olcDatabase={2}mdb,cn=config"
[3] LDAP コンシューマーの設定です。
[root@node01 ~]#
vi syncrepl.ldif
# 新規作成

dn: olcDatabase={2}mdb,cn=config
changetype: modify
add: olcSyncRepl
olcSyncRepl: rid=001
  # LDAPサーバーのURI
  provider=ldap://10.0.0.30:389/
  bindmethod=simple
  # 自身のドメイン名
  binddn="cn=Manager,dc=srv,dc=world"
  # ディレクトリマネージャーのパスワード
  credentials=password
  searchbase="dc=srv,dc=world"
  # サブツリーも含める
  scope=sub
  schemachecking=on
  type=refreshAndPersist
  # リトライ間隔 リトライ回数 再リトライまでの間隔 再リトライ回数
  retry="30 5 300 3"
  # レプリケーションの間隔
  interval=00:00:05:00

[root@node01 ~]#
ldapadd -Y EXTERNAL -H ldapi:/// -f syncrepl.ldif

SASL/EXTERNAL authentication started
SASL username: gidNumber=0+uidNumber=0,cn=peercred,cn=external,cn=auth
SASL SSF: 0
modifying entry "olcDatabase={2}mdb,cn=config"

# データを検索して確認

[root@node01 ~]#
ldapsearch -x -b 'ou=People,dc=srv,dc=world'

# People, srv.world
dn: ou=People,dc=srv,dc=world
objectClass: organizationalUnit
ou: People
.....
.....
[4] LDAP クライアント側でプロバイダーとコンシューマーの両方を参照先として設定します。 以上により、プロバイダーダウン時も、参照先がコンシューマーに切り替わり、LDAP サービスは継続されるようになります。
[root@www ~]#
vi /etc/openldap/ldap.conf
# コンシューマー追記

URI ldap://dlp.srv.world/
ldap://node01.srv.world/
[root@www ~]#
vi /etc/sssd/sssd.conf
# コンシューマー追記

ldap_uri = ldap://dlp.srv.world/
,ldap://node01.srv.world/
[root@www ~]#
systemctl restart sssd
関連コンテンツ