Fedora 30
Sponsored Link

Docker : Dockerfile を利用する
2019/05/10
 
Dockerfile を利用して Docker イメージを作成し Docker コンテナーを実行します。
Dockerfile には Docker コンテナーの構成内容をまとめて記述するため、構成管理にも役立ちます。
[1] 例として、httpd, sshd のインストールと起動を行う Dockerfile を作成します。複数プロセスの起動には Supervisor を利用します。
[root@dlp ~]#
vi Dockerfile
# 新規作成

FROM fedora
MAINTAINER ServerWorld <admin@srv.world>

RUN dnf -y install openssh-server httpd supervisor
RUN echo "Hello DockerFile World" > /var/www/html/index.html
RUN mkdir /root/.ssh; chown root. /root/.ssh; chmod 700 /root/.ssh
RUN ssh-keygen -A

ADD supervisord.conf /etc/supervisord.conf
ADD .ssh/id_rsa.pub /root/.ssh/authorized_keys

EXPOSE 22 80
CMD ["/usr/bin/supervisord"]

# Supervisor 設定テンプレート作成

[root@dlp ~]#
vi supervisord.conf
[supervisord]
nodaemon=true

[program:sshd]
command=/usr/sbin/sshd -D
autostart=true
autorestart=true

[program:httpd]
command=/usr/sbin/httpd -D FOREGROUND
autostart=true
autorestart=true

# SSHキー生成

[root@dlp ~]#
ssh-keygen -q -N "" -f /root/.ssh/id_rsa
# イメージのビルド ⇒ docker build -t [イメージ名]:[タグ] .

[root@dlp ~]#
docker build -t web_server:latest .

Sending build context to Docker daemon  16.9 kB
Step 1/10 : FROM fedora
 ---> d09302f77cfc
Step 2/10 : MAINTAINER ServerWorld <admin@srv.world>
 ---> Running in 8cfcdeae2629
 ---> f59ff4ea81ea
Removing intermediate container 8cfcdeae2629
Step 3/10 : RUN dnf -y install openssh-server httpd supervisor
 ---> Running in 05f68672bad9
.....
.....
Removing intermediate container bce86fcefc05
Successfully built 405d738492e1

[root@dlp ~]#
docker images

REPOSITORY               TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
web_server               latest              405d738492e1        13 seconds ago      566 MB
srv.world/fedora_httpd   latest              3e633f065d3b        6 minutes ago       595 MB
docker.io/fedora         latest              d09302f77cfc        8 weeks ago         275 MB

# バックグラウンドでコンテナーを起動

[root@dlp ~]#
docker run -d -p 2022:22 -p 8081:80 web_server

[root@dlp ~]#
docker ps

CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                                        NAMES
79be1913163b        web_server          "/usr/bin/supervisord"   7 seconds ago       Up 5 seconds        0.0.0.0:2022->22/tcp, 0.0.0.0:8081->80/tcp   stoic_shockley

# アクセス確認

[root@dlp ~]#
curl localhost:8081

Hello DockerFile World
[root@dlp ~]#
ssh -p 2022 localhost /usr/bin/uname -a

Linux 79be1913163b 5.0.10-300.fc30.x86_64 #1 SMP Tue Apr 30 16:22:12 UTC 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
Docker ファイルでの記述フォーマットは [INSTRUCTION arguments] (指示 引数) の形となっており、INSTRUCTION には主に下記のような種類があります。なお、INSTRUCTION の必須項目は FROM のみで、その他は任意です。FROM が指定されていれば Docker ファイルは動作します。
INSTRUCTION 説明
FROM コンテナーのベースとするイメージを指定する
MAINTAINER コンテナーイメージの作成者を指定する
RUN コマンドの実行を指定する ⇒ イメージ作成時に実行される
CMD コマンドの実行を指定する ⇒ コンテナー実行時に実行される
[docker run] の際に実行されるが、[docker run] に引数があればそちらが優先される
ENTRYPOINT コマンドの実行を指定する ⇒ コンテナー実行時に実行される
「docker run」の際に実行されるが、[docker run] に引数があれば、ENTRYPOINT 指定コマンドに付加される
LABEL コンテナーイメージのラベルを指定する
EXPOSE リスンするポートを指定する
ENV 環境変数を指定する
ADD ファイル/ディレクトリの追加を指定する
COPY ファイル/ディレクトリの追加を指定する
ADD と異なる点は、リモートURL 指定不可、アーカイブファイルを自動で展開しない
VOLUME マウントポイントを指定する
USER 実行ユーザーを指定する
WORKDIR 作業ディレクトリを指定する

関連コンテンツ